トップ > 練馬区アニメイベント > 練馬アニメカーニバル > 練馬アニメカーニバル2017

イベント

本イベントは終了いたしました。
数多くのお客様のご来場、まことにありがとうございました。

1014日(土)、15日(日)練馬駅北口周辺で開催

入場無料

NEWSmore

2018/08/07

「練馬アニメカーニバル2018」 10月20日(土)21日(日)開催決定! 映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』 も参加!

2017/10/18

練馬アニメカーニバル2017 ご来場ありがとうございました

2017/10/08

練馬アニメカーニバル2017 いよいよ来週開催!

来たる10月14日(土)、15(日)の両日「練馬アニメカーニバル2017」を開催することが決定しました。
本イベントは練馬区にとって重要な産業であるアニメーションを、より深く、楽しく、身近に感じていただくことを目的に様々な企画を展開します。
今年のテーマは【アニメ作品がもう一歩面白くなる2日間】。
アニメーション作品の中に活きる技術や、制作に参加するクリエイターの思いなどを知り、作品がさらに面白くなるイベントを目指します。
“ジャパンアニメーション発祥の地”と呼ばれる練馬区ならではのイベントをお届けします。

当日チケット情報はこちら

Pick Up!映画『この世界の片隅に』大ヒット感謝祭


©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

今もなおロングラン上映を続ける映画『この世界の片隅に』。
「第40回日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞」、「第41回アヌシー国際アニメーション映画祭 長編部門 審査員賞」など数々の賞を受賞し、国内外から作品の品質が高く評価されています。
監督は、練馬区内にある日本大学芸術学部出身で、現在も同校で講師を務める片渕須直さん。
公開から約1年後の記念トークでは、黒村径子役の尾身美詞さん、リン役の岩井七世さん、片渕監督、真木プロデューサーのスペシャルトークセッションを中心にお届けする予定です。

ステージ:練馬文化センター 大ホール
日時:10月14日(土)16:00~18:00(予定)
ゲスト:尾身美詞(女優)、岩井七世(女優)、片渕須直(監督)、真木太郎(プロデューサー)
※敬称略
※ゲストは予定です。変更になる場合もございます。あらかじめご了承ください。

Pick Up!手塚治虫文化賞受賞記念『昭和元禄落語心中』落語とマンガとアニメと。


©雲田はるこ/講談社

優れた漫画作品に贈与される朝日新聞社の「手塚治虫文化賞」に、本年度より練馬区が後援として加わりました。
今年新生賞を受賞した雲田はるこ先生のマンガ『昭和元禄落語心中』をテーマに、落語・マンガ・アニメの魅力に迫る特別ステージを展開いたします。
当日は『昭和元禄落語心中』原作者・雲田はるこ先生、アニメ『昭和元禄落語心中』で有楽亭八雲役を演じた石田彰さん、落語家の立川志らく師匠、立川志ら乃師匠の4名が集結。
トークのほか、アニメ『昭和元禄落語心中』の中から厳選した1本を上映。
そして立川流真打・立川志ら乃師匠による落語をお届けします。

ステージ:練馬文化センター 大ホール
日時:10月14日(土)11:00~13:00
ゲスト:雲田はるこ(漫画家)、石田彰(声優)、立川志らく(落語家)、立川志ら乃(落語家)
※敬称略
※ゲストは予定です。変更になる場合もございます。あらかじめご了承ください。

今年のコンテンツはこちら!

ステージプログラム

体験プログラム

トーク&上映プログラム

販売・展示

その他、平成つつじ公園ステージでの野外liveやアニメシ・コートなど、アニメで楽しむ企画が盛りだくさん!
詳細は順次お知らせします!
※開催プログラムは都合により変更・中止することがあります。

イベント開催概要

開催日

2017年10月14日(土)・15日(日) 11:00~18:30(予定)

会場

練馬駅北口周辺
1.練馬文化センター
2.区民・産業プラザ(Coconeri 3F)
3.平成つつじ公園
4.練馬駅北口 ペデストリアンデッキ
※西武池袋線(地下鉄有楽町線・副都心線直通)および都営大江戸線の練馬駅北口から徒歩1分

入場料

無料

主催

練馬アニメカーニバル推進連絡会
・練馬区
・ねりま観光センター(練馬区産業振興公社)
・西武鉄道株式会社
・株式会社ジェイコム東京
・東映アニメーション株式会社
・一般社団法人練馬アニメーション

お問合わせ先:練馬アニメカーニバル推進連絡会(03-5984-1276)

練馬アニメカーニバル2016の様子

  • 練馬アニメカーニバル2016 ダイジェスト

ページトップへ