トップ > ネリマに行こう! > 大泉アニメゲート

ネリマに行こう!

大泉アニメゲート

大泉アニメゲート大泉アニメゲート

大泉アニメゲートとは

ジャパンアニメーション発祥の地・大泉の玄関口として、練馬区ゆかりのキャラクター達が等身大でお出迎えするほか、アニメ作品の年表や、大泉のまちづくりを写真で振り返るグラフィックウォールなど、「アニメ・イチバンのまち 練馬区」を体感できる空間です。

大泉アニメゲート配置図

配置図は拡大できます。配置図の数字、アルファベットをクリックすると説明に移動します。

キャラクターモニュメント

① アトム(「鉄腕アトム」)

「鉄腕アトム」は、マンガの神様・手塚治虫さんが執筆した漫画です。手塚さんは富士見台に虫プロダクションを創設。日本初の連続TVアニメ「鉄腕アトム」は練馬区で生まれました。

② メーテル・星野鉄郎(「銀河鉄道999」)

70年代SFアニメブームの代表作「銀河鉄道999」。その原作漫画は、50年以上大泉に居住している松本零士さんによって描かれました。「銀河鉄道999」のアニメ主題歌は大泉学園駅の発車メロディ、車掌さんは名誉駅長になっています。

③ 矢吹丈(「あしたのジョー」)

1967(昭和42)年に連載がはじまったボクシング漫画の金字塔「あしたのジョー」は練馬区で誕生しました。原作:高森朝雄(梶原一騎)さん・作画:ちばてつやさんはいずれも練馬区に長く在住。TVアニメ「あしたのジョー」(1970)は虫プロダクション(練馬区・富士見台)が制作しています。

④ ラム(「うる星やつら」)

宇宙からきた少女ラムちゃんが活躍する「うる星やつら」。斬新な設定と魅力的なキャラクターが人気を博し、一大ブームを巻き起こしました。この作品を生んだ漫画家・高橋留美子さんは30年近く練馬区で活動しています。

今はまだキャラクター不在の枠。次に設置されるヒーロー・ヒロインは誰だ!?

A.アニメゲート

フィルムをかたどったゲートが作品の世界にいざないます。

B.シンボルモニュメント

ジャパンアニメーションの発祥の地、大泉を象徴するモニュメント。

C.ねりまアニメ年表

練馬区ゆかりでかつ時代を代表する計29作品をアニメのワンカットとともに紹介。

D.グラフィックウォール

大泉のまちと映画・アニメづくりが共に成長・発展してきた様子を写真などで紹介。

  • この記事をシェアしてね!

  • 練馬アニメーションサイトをフォロー!

ピックアップ!

練馬アニメカーニバル2019

最新記事
2022.05.11アニメニュース「アニメプロジェクトin大泉2022」の中止について
2022.02.24アニメニュースPR冊子「アニメ・イチバンのまち練馬区」配布終了のお知らせ
2022.01.07アニメニュース練馬区が『デジモンアドベンチャー』と『東映アニメーションミュージアム』で、『訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2022年版)』に選定されました!
2021.12.24アニメニュース【1/20 追記】メーテルが!ラムが!ジョーが!練馬ゆかりのあの人気キャラクターのマンホールカードを配布します!
2021.12.01アニメニュース2022年版≪ねり丸年賀状≫デザインを公開しました!

ネリマに行こう! メニュー一覧

ページトップへ