トップ > アニメニュース > メインキャスト&スタッフが登壇! 『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』初日舞台挨拶レポート

アニメニュース

メインキャスト&スタッフが登壇! 『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』初日舞台挨拶レポート

2018年12月04日

11月30日から全国上映がスタートした注目の話題作『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』(※以降『NT』)の初日舞台挨拶が、中央区の丸の内ピカデリーで開催されました。

 

1979年に放送が開始され、後に社会現象になるほどの大ヒット作品となったTVアニメ『機動戦士ガンダム』(※以降『1st』)。その後シリーズ化され、続編やスピンオフ、世界観を変更した物語が、TV、OVA、映画、コミックス、小説、ゲームなど様々な媒体で作り続けられています。

この「ガンダム」シリーズの最新作『NT』は、『1st』 から続く〈宇宙世紀〉が舞台。大ヒット作『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン )』(※以降『UC』/2010~14年OVA、2016年TVシリーズとして再構成)に続く物語です。

左から、吉沢俊一監督、福井晴敏さん、村中知さん、榎木淳弥さん、松浦愛弓さん、梅原裕一郎さん、小形尚弘プロデューサー

ステージには、主人公 ヨナ・バシュタ役/榎木淳弥さん、ミシェル・ルオ役/村中知さん、リタ・ベルナル役/松浦愛弓さん、ゾルタン・アッカネン役/梅原裕一郎さんのメインキャストに加え、脚本の福井晴敏さん、小形尚弘プロデューサー、吉沢俊一監督という、豪華な顔ぶれが並びました。

※4月20日に行われた『機動戦士ガンダムNT』発表会レポートはこちらから

キャストを代表して、「ガンダム」シリーズに初めて参加した気持ちを問われた榎木さんは、「小さい頃から見ていて、いつかガンダムに乗ってみたいと思っていました。今回決まったと聞かされた時は、驚いて現実感がなかったです。でも、決まったからには期待を裏切らないよう頑張ろうと思いました」と応えます

続いて、アフレコの思い出の話題に。

必死過ぎて記憶が曖昧という村中さんは「榎木さんが休憩中に一人で集中していたのをおぼえています。」あと、アフレコを続けていると、キャストのみなさんが演じているキャラクターと重なるところが見えてきました」

現役の高校生でもある松浦さんは、「みなさんすごく上手くて勉強になりました。ガンダムは知らなかったので『1st』を見たんですけど、言葉が難しかったです」と話します。

梅原さんは「叫んでいるシーンが多かったので声が心配でしたが、やってるうちにハイになって声が出ました。

最後にヨナに語りかけるシーンはカットされる予定でしたが、当日になって録ることになりました。あのセリフのあるなしでゾルタンの印象が大きく変わりますね」と、収録をふりかえりました。

ゾルタンのセリフについては、福井さんも「全編が名言だよね」とフォロー。

小形プロデューサーは「この4人が揃わなかったら、『NT』という作品にならなかった。全員の個性が出ています」と、コメントしました。

注目のポイントとして、榎木さんはヨナの息づかいの演じ方、村中さんはそれぞれのキャラクターの生きざま、松浦さんは画像の美しさ、梅原さんはメインキャラの心の動き、小形プロデューサーは『UC』のキャラやメカの再登場を挙げます。

福井さんは「今回は《ニュータイプ》について、これまで触れられていないところに踏み込んでいます。賛否はあると思いますが、過去のシリーズから類推して描いています」と、言及。

吉沢監督は「映画ということで、かなりギュッとした作品になっています。福井さんの脚本の綿密な仕込みがあるので、観た回数だけ楽しんでもらえると思います」とコメントしました。

 

 

ここでMCから吉沢監督に「自分が《ニュータイプ》だなと感じた瞬間はありますか?」との無茶な質問が。

これに対し、吉沢監督が「富野さんがキレる数秒前に、『あ、来る』って分かります」と応えると、会場は大爆笑。福井さんと小形プロデューサーも同意していました。

 

(※富野由悠季監督のこと「ガンダム」シリーズの生みの親)

最後は登壇者からの挨拶。

小形プロデューサー「『NT』は「ガンダム」だけどファンタジックで、いつもとは違う作品ができたんじゃないかなと思います。これからもサンライズが「ガンダム」を作っていきますので、応援よろしくお願いします」

福井さん「『UC』で綺麗なラストを迎えたのに、禁断の扉が開かれてしまいました。これからも〈宇宙世紀〉の物語は続いて行くと思いますので、是非よろしくお願します」

梅原さん「とても熱量のある作品になっています。『NT』面白かったよと、伝えていただければと思います」

松浦さん「何度見ても面白い作品ですので、今後も何回も見に来て下さい」

村中さん「ガンダムの〈宇宙世紀〉の歴史に携わらせていただけて本当に光栄です。様々なキャラクターの感情が絡み合った人間ドラマと、神采配の音楽で鳥肌が立ちました。皆さんの感想も、ぜひ聞きたいです」

榎木さん「初日を迎えるまで、どんな反応があるのかドキドキでした。キャスト・スタッフ一同、やれることは出し尽くしたと思います。何度でも観ていただいて、周りの方にも勧めていただけたら嬉しいです」

吉沢監督「とにかく観ていただけるのが嬉しいです。映像・音・お芝居など色々やって、二度三度と楽しんでいただける作品にしたつもりですので、皆さん是非、よろしくお願い致します。本日はありがとうございました」

『機動戦士ガンダムNT』は、2018年 11 月 30 日(金)より全国90劇場で公開中です。

 

『機動戦士ガンダムNT』公式サイト

http://gundam-nt.net/

 

 ©創通・サンライズ

  • この記事をシェアしてね!

  • 練馬アニメーションサイトをフォロー!

ピックアップ!

練馬アニメカーニバル2018

最新記事
2018.12.11アニメニュース【アニメ・マンガがアツい!練馬・中野・杉並・豊島を楽しむ!】 中野×杉並アニメフェス2018 in 中野で《『ゴルゴ13』連載50周年記念イベント》開催!
2018.12.10アニメニュース《ねり丸年賀状デザイン》2019年版が登場!
2018.12.10アニメニュース《ねり丸年賀状デザイン》2019年版が登場!
2018.12.07アニメニュース《練馬アニメカーニバル2018》レポートを公開しました!
2018.12.04アニメニュースメインキャスト&スタッフが登壇! 『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』初日舞台挨拶レポート

アニメニュース トピックス記事一覧

ページトップへ