トップ > 練馬区アニメイベント > アニメコンペティション練馬2017 > 表彰式レポート

練馬区アニメイベント

アニメコンペティション練馬2017 表彰式レポート

3月18日(日)に、練馬区立区民・産業プラザCoconeri 3階 Coconeriホールにおいて、アニメコンペティション練馬2017の表彰式がおこなわれました。

※アニメコンペティション練馬の詳細はこちらから

このコンペティションは、「短くてもたのしい 短いからおもしろい」をキャッチフレーズに、アニメの楽しさを伝え、アニメ制作を体験していただくこと、未来のアニメ人材の発掘、育成に資することを目的とした練馬区の事業。今回が2回目の開催です。2017年9月1日~2018年1月31日の期間で作品を募集し、全国から独創性あふれるアニメ作品の応募がありました。
今回は、区内の小中学生を対象とした「キッズアニメ部門」、若手アニメーターやこれからアニメ業界を目指す方の技能を評価する「若手アニメチャレンジ部門」、30秒~90秒以内の短編アニメーションを対象とした「1分アニメ部門」の3部門から優秀作品を選出。
審査員は、アニメーション監督の宇田鋼之介さん、アニメーションクリエイターの神志那弘志さん、アニメーション作家、演出家の遊佐かずしげさん、映像作家の佐藤皇太郎さん、練馬区産業経済部の臼井弘部長の5人が務めました。
※受賞作品はこちらからご覧いただけます

アニメコンペティション練馬2017 全受賞者及び作品

■ キッズアニメ部門
最優秀賞
小古間莉子さん(小6)『ゆきだるま』

教育長賞
板倉朱優さん(小5)『ピカピカステッキマジックショー』

優秀賞
末吉朱さん(小5)『はながいっぱい、はちもいっぱい』

大貫ひかりさん(小1)『まほうのけしゴム』

入賞
大貫みらいさん(小2)『ふわふわのぼうけん』

竹永健さん悟(小4)『剣の道』

小嶋いずみさん(小5)『ヘビの散歩』

細井小詩さん(中2)『ふしぎな頭』

■ 1分アニメ部門
最優秀賞
藤原優花さん『Empty you』

区長賞
アトリエむむむ『ッむむむチャン!』

優秀賞
大曲健克さん『宝探し』

焼肉同好会『肉食べたい!!』

■ 若手アニメチャレンジ部門
優秀賞
藤田ひかるさん

開会式では、練馬区の山内隆夫副区長が「このコンペティションにたくさんの方にご参加いただき、ありがとうございます。今回は昨年の1.5倍、100点を超える作品が集まりました。このコンペティションが、アニメーションにより親しんでいただく機会になれば幸いです」と挨拶しました。

キッズアニメ部門の最優秀賞に輝いたのは、小学6年生の小古間莉子さんの作品『ゆきだるま』。
壇上に上がった小古間さんには、山内副区長から賞状と盾、副賞として、練馬区所在のニッカー絵具のポスターカラー18色セットと、アニメーターキットが贈呈されました。

審査員の遊佐かずしげさんは「心癒されるアニメーションですね。ロケットで飛んでいく発想もすばらしいです」とコメント。
難かしかったところを聞かれた小古間さんは「たくさん描くのが大変でした」と答えていました。

若手アニメチャレンジ部門の優秀賞は、藤田ひかるさん。残念ながら欠席でしたが、賞状と副賞の3万円が贈られます。
若手アニメチャレンジ部門は、設定されたキャラクターを使って、課題で指定された「事務所内」背景と、自由背景の2枚のレイアウトを作成することが条件になっています。
審査員の神志那弘志さんは、「この部門は、“指定された課題がちゃんと描けているか”が大きなポイントになります。また自由に描いてくださいというと、キャラクターを大きく描いてくる人が多いですが、藤田さんは人物の動きも背景も描けています。しかもプロでも難しい階段を描いている。基礎がしっかりしているということです。これが1番の優れた点でした」と講評しました。

1分アニメ部門の最優秀賞は、藤原優花さんの「Empty you」が受賞。
藤田さんには、山内副区長から賞状と盾、副賞として10万円が贈呈されました。

審査員の皆さんからの評価も高く、宇田鋼之介さんは「今回は総じてレベルが高かったのですが、この作品のテンポの良さに驚かされました。全編水彩の手描きというエネルギーが、作品に表れています。効果音の使い方にも作家性を感じました」とコメント。
佐藤皇太郎さんも「動物が活き活きと描かれています。アニメーションの語源となった“animate”(アニメート:命を吹き込む)の意味を感じさせてくれて、とても印象に残りました」と話しました。
さらに神志那さんから「アニメーターの立場から言うと、動物を描くのは一番難しいです。この作品を観た瞬間、衝撃を受けました。素晴らしい才能です」、遊佐さんからも「カメラの動きも凄く計算されていて、専門的な知識の豊富さにも感心しました」と、絶賛の声が上がりました。
藤田さんは「これまで、水彩で人物のアニメは何本か作って来ましたが、このコンペティションのことを知って、今までと違うことにチャレンジしようと初めて動物を描いてみました。将来は、アニメの世界に行きます!」と話しました。

表彰式の後には、記念トークイベント《「ヒット作を生み出したアニメ制作の現場から」~シティハンター30周年記念~》も開催されました。
シティーハンターの主人公・冴羽獠を演じた声優の神谷明さん、讀賣テレビのエグゼクティブ・プロデューサー諏訪道彦さん、当時サンライズの製作プロデューサーを担当した植田益朗さん(現・スカイフォール代表)、「シティハンター」の作画監督や「シティハンター’91」のキャラクターデザインを担当した神志那弘志さんの4人が登壇。制作に関わる秘話やエピソードをを中心としたトークが繰り広げられました。
  • この記事をシェアしてね!

  • 練馬アニメーションサイトをフォロー!

ピックアップ!

練馬アニメカーニバル2018

最新記事
2018.11.16練馬にいた! アニメの巨人たち第15回 高畑 勲さん(アニメーション映画監督)その1
2018.11.09アニメニュース映画『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』 完成披露試写会にメインキャストが登場! 舞台挨拶レポート
2018.11.01アニメニュース練馬区から〈『デジモンアドベンチャー』シリーズ〉と〈東映アニメーションミュージアム〉が、『訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2019年版)』に選出されました!
2018.10.26アニメニュース【アニメ・マンガがアツい!練馬・中野・杉並・豊島を楽しむ!】 中野×杉並アニメフェス2018 11月3日(土・祝)、4日(日)は杉並会場で開催!
2018.10.19アニメニュース「映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開2ヶ月前トーク」ステージに関しまして
ページトップへ