トップ > アニメニュース > 《PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス》六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで開催中!

アニメニュース

《PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス》六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで開催中!

2019年04月19日

『トイ・ストーリー』『ファインディング・ニモ』『モンスターズ・インク』などで知られる、〈PIXAR Animation Studio(ピクサー・アニメーションスタジオ)〉の、作品を生みだす技法と科学に迫る展覧会「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」が、港区の六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ 森タワー52階)で開催中です。

PIXARのアニメーション制作のカギとなる8つの工程を通して、PIXAR作品を支える科学について学べる体験型の展覧会で、アニメーションの専門的な知識や技術をPIXAR作品の人気キャラクターを通して分かりやすく解説する展示が楽しめます。

この展覧会は、《The Science Behind PIXAR》として2015年にボストンサイエンスミュージアムで初開催。その後、アメリカおよびカナダで150万人以上(合計8箇所)を動員しています。

〇8つの展示コーナー

1.“キャラクターの形をつくる” Modeling/モデリング

アーティストの描いたキャラクターのスケッチを元に、マケットと呼ばれる粘土模型でキャラクターの特徴を把握。このマケットをデジタルスキャンし、バーチャル3Dモデルを作成するのが〈デジタルモデラー〉の仕事です。

こちらでは、『トイ・ストーリー』のキャラクター・バズのマケットなどが展示されています。

2.“キャラクターの動きをつくる” Rigging/リギング

この作業を担当する人は「リガー」と呼ばれます。リガーはモデリングで作られたキャラクターに仮想の骨や関節、筋肉をつくり、動きを設計します。

このコーナーでは、『トイ・ストーリー』のキャラクターの表情の動きを作る作業などを体験することができます。

 

3.“髪や服などの外観を決める” Surfaces/サーフェイス

バーチャル3Dモデルができると、“シェーダー”と呼ばれるコンピュータープログラムでその表面を加工します。この作業を担当するのが〈サーフェイシングアーティスト〉。

シェーダーを使い、物に当たる光の散乱方法を調整する事で、表面を光沢あるガラスのようにも、ザラザラの錆びたようにも表現できます。

こちらでは、『カーズ』に登場するガレージをイメージし、車のボンネットの見た目の変更を体験するコーナーや、『レミーのおいしいレストラン』でのサーフェイス作業の体験コーナーなどがあります。

4.“物語の世界を作る” Sets&Cameras/セット&カメラ

作品の舞台となるリアルなセットを構築するのが〈セットデザイナー〉の仕事。そして、〈カメラアーティスト〉がストーリーに合った構図、カメラの動きレンズの種類などを選択し、映像を作りだしていきます。

このコーナーでは、セットデザイナーの仕事の一つである『メリダとおそろしの森』の「自然のプログラム」や、『ウォーリー』のジオラマを使ったカメラアーティストの「構図の作り方」や「レンズの選択」などを体験出来ます。

『バグズライフ』の大型ジオラマも設置されており、草むらの中に設置された小型カメラを使った「虫の主観」映像をみたり、ジオラマ内に潜りこんで円形ドームで虫の目線を体験できる仕掛けなどが楽しめます。

5.“キャラクターを動かしてみる”Animation/アニメーション

キャラクターに演技をつけ、物語に生命を吹き込むのが〈アニメーター〉の仕事です。

こちらでは、『Mr.インクレディブル』のシーンをコマ送りで観察できたり、ストップモーションアニメーションの制作や、『モンスターズ・インク』のキャラクターの動きを作る作業を体験できるコーナーがあります。

6.“キャラクターの髪や服を動かす” Simulation/シミュレーション

キャラクターの髪の毛や衣類などを、本物のように動くようプログラミングするのが〈シミュレーションプログラマー〉です。

こちらのコーナーでは、『メリダとおそろしの森』でのシミュレーション前と後の映像比較や、『ファインディング・ニモ』をイメージした魚群のプログラムが体験出来ます。

 

7.“昼や夜などの明かりを調整する” Lighting/ライティング

照明効果はストーリー上で不可欠な要素。観客の視線を誘導したり、情感の表現などでも重要な役割を持ちます。

『ファインディング・ニモ』をイメージした大型ジオラマを使った水中のライティングや、『カールじいさんの空飛ぶ家』のジオラマを使ったライティングを体験出来ます。

8.“バーチャル3Dデータを映像データに変換する” Rendering/レンダリング

ここまでの工程でバーチャル上でのシーンは完成。この3Dデータを、最終的な映像へと仕上げるのが〈レンダリング〉作業です。

『インサイド・ヘッド』では、バーチャルな3Dシーンを2Dイメージ画像に変換するのに、1フレーム(1コマ)あたり平均29時間掛かっているとのこと。このコーナーでは、『インサイド・ヘッド』のレンダリング作業を凝縮したイメージ映像で、作業の流れを見ることができます。

 

8つの展示コーナーは、PIXAR作品のキャラクターと写真が撮れるフォトスポットにもなっています。

展示会場を出ると、「PIXARのひみつ展スペシャルショップ」も設置されており、展覧会オリジナルグッズや作品関連商品などが購入できます。

また、六本木ヒルズ内の店舗やレストランともコラボしており、期間限定のコラボ商品やインスパイアメニューも楽しめるそうです。

《PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス》は、9月16日(月・祝)まで六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ 森タワー52階)で開催中。

開催期間中は、ファミリー向けの企画なども行われる予定です。

※詳細は公式サイトをご確認下さい

《PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス》公式サイト

 

 

 

© 2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved. Used Under Authorization.

 

《PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス》

会期/2019年9月16日(月・祝)まで ※会期中無休

開催時間/10:00~22:00(最終入場 21:30)

会場/六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー

            (六本木ヒルズ 森タワー52階)

入場料/一般1,800円、高校生・大学生1,200円、

                4歳~中学生600円、シニア(65歳以上)1,500円


《PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス》 公式サイト
  • この記事をシェアしてね!

  • 練馬アニメーションサイトをフォロー!

ピックアップ!

アニメプロジェクトin大泉2019

最新記事
2019.06.26アニメニュース 特集記事第23回 手塚治虫文化賞贈呈式・記念イベントが開催されました
2019.05.27アニメニュース【アニメ制作関連事業者対象】練馬区内に事業所を開設するアニメ制作関連事業者に対する補助金制度ついてのお知らせ
2019.05.17アニメニュース《アニメプロジェクトin大泉2019》「神谷明トーク&ソングライブ」「スター☆トゥインクルプリキュアショー」など、多数のプログラムを実施します!
2019.04.27アニメニュース6月2日(日)まで会期延長!《シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019》アーツ千代田3331にて開催中!
2019.04.24アニメニュース《鈴木敏夫とジブリ展》神田明神ホールで開催中!

アニメニュース トピックス記事一覧

ページトップへ