トップ > アニメニュース > 特集記事 > 練馬のアニメの新名所『大泉アニメゲート』オープン! アニメのまちの玄関口で等身大モニュメントたちがお出迎え!

アニメニュース

2015年05月14日

練馬のアニメの新名所『大泉アニメゲート』オープン! アニメのまちの玄関口で等身大モニュメントたちがお出迎え!

桜の花香る2015年4月4日、西武池袋線大泉学園駅の北口に「アニメ・イチバンのまち」練馬を象徴する新名所、大泉アニメゲートがオープンしました!

大泉アニメゲートは西武池袋線大泉学園駅の北口に設置された歩行者道路。 現地には、フィルムをかたどった3つのゲートが用意され、それぞれの周囲に練馬区ゆかりのキャラクターたちの等身大ブロンズ像が設置されています。 ブロンズ像は、『鉄腕アトム』のアトム、『銀河鉄道999』の星野鉄郎とメーテル、『あしたのジョー』の矢吹丈、『うる星やつら』のラムと4作品5キャラクターとなっています。どの作品も絶大な人気を誇るキャラクターばかり!

他にも日本アニメ発祥の地・大泉を象徴するシンボルモニュメントや、練馬区ゆかりのアニメを時代ごとに紹介していく「ねりまアニメ年表」が設置されています。デッキ南側の屋根付き歩道の壁面には、大泉学園にある東映東京撮影所や東映アニメーションのスタジオに関連するさまざまな写真や、歴代東映映画のポスターをコラージュしたプレートを並べたグラフィックウォールとなっています。

華々しく楽しく! 開通記念セレモニー開催!

そして同4月4日の午前10時からは、これらのキャラクターたちの生みの親であるマンガ家の先生や関係者たちが結集して、華麗なオープニングセレモニーが開催されました!
まずは、練馬区立大泉中学校の吹奏楽部のみなさんによるオープニング曲の演奏でスタート。続いて主催者である練馬区の前川燿男区長が、「アニメを育んだ大泉という地の玄関口にふさわしいゲートが完成しました」と高らかに宣言しました。

いちばんの目玉! 等身大のキャラクター像がお目見え!

まずは『鉄腕アトム』のアトム像からスタート。
アトムを生んだ手塚治虫さんのご子息で、現在株式会社手塚プロダクション取締役を務める手塚眞さんからは、「アトムは4月7日が誕生日。その3日前に立派な式典をやってもらって、アトムも喜んでいると思います。どうか末永くアトム像を愛してほしいです」とご挨拶を頂きました。
続いて『銀河鉄道999』の星野鉄郎とメーテル像。
原作者であり練馬区名誉区民でもある松本零士先生は、「大泉に住んで50年以上。このキャラクターたちは大泉で生まれました。私はこの大泉が終(つい)の棲家だと思っています。不思議な縁で結ばれてここにいます。私があっち(天国)に行っても、このモニュメントは残る。とてもうれしいことです」とご挨拶。
3番目は『あしたのジョー』から矢吹丈像。
漫画を描いたちばてつや先生のご子息で有限会社ちばてつやプロダクションの千葉洋嗣さんは、「『あしたのジョー』は、原作者の高森朝雄さん(梶原一騎さんの別名義)と父と担当編集者の三人四脚でつくられました。モニュメントの下のプレートには、高森先生のあの見た目とは全然違う、かわいらしい字も見られます。どうか末永くこの像をかわいがっていただければと思います」とご挨拶されました。
最後は『うる星やつら』のラム像。
原作者の高橋留美子先生は、「もう練馬区に住んで30年くらい経ちます。松本零士先生のアシスタント出身である新谷かおる先生のところでアシスタントをやっていた友達がいまして、練馬区は憧れのマンガ家が住む街でした。『うる星やつら』は、実はさりげなく練馬が舞台になっています。今回は、アトムやメーテルやジョーと、子どものころから大好きだったキャラクターたちにラムも並べていただいて、本当にありがとうございます」とご挨拶されました。

先生方は、見事に造形されたご自身のキャラクターを前に、とても感慨深げだったのが印象的でした。
閉会後に行われたキャラクター像と先生方とのフォトセッションには、多数のマスコミの方々もつめかけ、その日のうちに続々とニュース配信されたので、ご覧になった方も多いのでは?

午後からは、大泉アニメゲートが一般にも公開!

午後からは、大泉アニメゲートが一般の方にも公開されました! この日を待ち望んでいた方、何事かと覗き込んでいた方、通りすがりのご家族連れ、なつかしいキャラクターの像に驚く方などなど、みなさん本当に興味津々の様子でした。

大泉アニメゲートではモニュメントの他にも仮面ライダードライブやGo!プリンセスプリキュアのキュアフローラなど、11種類の人気キャラクターと2ショット写真が撮れる「大泉キャラクターカメラ」も展開されています。
ヒーロー・ヒロインとの夢の共演も大泉アニメゲートならではの楽しみです。
詳しくはコチラ

キャラクター像の横で記念撮影をする方がたくさんいましたが、特に小さいお子さんたちがうれしそうに像の周りを駆けまわっていたのがとても印象的でした。等身大の像だけあって迫力満点で、リアルな造形に感心する人も多かったようです。
大泉といえば、日本初の長編アニメ映画『白蛇伝』を製作した東映動画(現在の東映アニメーション)がある、まさにジャパンアニメ発祥の街。この大泉アニメゲートの誕生によって、もっともっと練馬区とアニメの関係は深くなっていくことでしょう。

アトム


©手塚プロダクション

手塚治虫原作のマンガ『鉄腕アトム』の主人公。天馬博士が交通事故で死亡した息子のかわりとしてつくったロボット。御茶ノ水博士に引き取られ、人間のように心を持ったロボットへと成長していく。
『鉄腕アトム』は区内富士見台にある虫プロダクションによって1963(昭和38)年にTVアニメ化。これが日本初の連続TVアニメーションとなった。

手塚眞さん(手塚プロダクション取締役)のコメント

練馬区は、父の手塚治虫がアニメーションの会社をつくってはじめた場所でもありますし、大変ゆかりの深い土地ですので、そこにアトムのモニュメントをつくっていただくのはとても感慨深いものがありますね。
父は富士見台に20年近く住んでいまして、私もいま石神井に住んでいます。私も本当に練馬区から離れられない人間でして(笑)。練馬区は住むにはとてもいいですね。緑も多くて環境もいいですし。いまの季節は、ちょうどうちのそばの川沿いがものすごく桜がきれいなんです。やっぱり手塚治虫が選んだ場所なんだなぁという気がしますね。
アニメというのは、まず子供のためにあるものだと思っています。いまは大人の方も楽しんでおられますけど、なによりも子供さんに夢を与えて、その成長を見守っていくという役割があるかと思います。これから日本を支えていくような子供さんたちが、アニメとともに育っていってくれればいいな、と思います。

星野鉄郎とメーテル


©松本零士・東映アニメーション

松本零士原作のマンガ『銀河鉄道999』の主人公・星野鉄郎と謎の美女・メーテル。永遠の機械の体を手に入れるため、鉄郎はメーテルとともに銀河超特急999号に乗って宇宙を旅する。
『銀河鉄道999』は、区内大泉の東映動画(現 東映アニメーション)により、1978(昭和53)年にTVアニメ化。絶大な人気を呼び、SFアニメブームを代表する1作となった。

松本零士先生(原作者)のコメント

今回の像は、大勢仲間もいますしね。アトムたちと並んでいるのもとてもうれしいですね。手塚さんとは偶然同じ映画館で同じアニメをみていたという縁があったりと、ずっと交流がありましたから。青年の頃からこの年まで、いろいろとお世話になっているこの練馬に、メーテルと鉄郎がいてくれるのはとてもうれしいです。
練馬区はまず地盤が頑丈で、自然環境が非常にいい、とても穏やかなところですよ。だから非常に住みやすい。日当たりもいいし、とにかくきれいな場所です。伝説的でロマンチックなお話もたくさんあるんですよ。

矢吹丈


©高森朝雄・ちばてつや/講談社

原作・高森朝雄、マンガ・ちばてつや による『あしたのジョー』の主人公。ドヤ街にふらりとやってきた少年・ジョーは、トレーナーの丹下段平に見いだされ、困難なボクシングの道を歩んでいく。
『あしたのジョー』は、区内富士見台の虫プロダクションにより1970(昭和45)年にTVアニメ化された。また1980(昭和55)年には、原作漫画の後半部分を描いた『あしたのジョー2』が、東京ムービー新社(現 トムス・エンタテインメント)によって制作された。

ちばてつや先生(原作者)のコメント

西武線沿線は昔からマンガ、アニメの関係者や会社が多く、そんな土地柄だけに、キャラクターモニュメントは街並みととても調和するだろうと思いました。その一角にジョーを加えてもらえたことを誇りに思います。
練馬は、日本と中国を転々と引っ越してきたボクが、半世紀にわたって定住している終の住まいです。住み始めは出版社の勧めだったんですが、東京の中でも自然が多く残っているし、友達もたくさん住んでいる居心地の良い場所ですね。
マンガ・アニメも「文化」としてずいぶん成熟してきました。大根、たくあんに代わる練馬区の地域特産品にもなり得るかとも思います。ただ、アニメ発祥の地を謳うのであれば、保存、展示、検証作業など、とても地味だけれども、やらなければならないことは沢山あると思います。

ラム


©高橋留美子/小学館

高橋留美子によるマンガ『うる星やつら』のヒロイン。宇宙人・鬼族の代表として、諸星あたるとの地球の命運を賭けた鬼ごっこの中、成り行きでプロポーズしたあたるを受け入れ、浮気性なあたるを追いかけまわす。健気でキュートなラムは大人気となった。
『うる星やつら』は、1981(昭和56)年にアニメ化され、1986(昭和61)年まで足かけ5年にわたり、全218話が放送された。

高橋留美子先生(原作者)のコメント

練馬区はとても安全で住みやすい街で、やっぱり閑静な感じがするんですよね。今の季節は桜がものすごくきれいですしね。練馬区さんの「アニメ・マンガのまち」の取り組みはとてもすばらしいと思います。だからもっと宣伝してもらって、みなさんが喜ぶような催しとかもずっとやっていただけるといいですね。
今回は、そうそうたる先生方が生み出したキャラクターたちと並べていただけて、ものすごく光栄なことだと思っています。
  • この記事をシェアしてね!

  • 練馬アニメーションサイトをフォロー!

ピックアップ!

練馬にいた!アニメの巨人たち

第5回 出﨑 統さん(アニメーション監督)その1
最新記事
2017.10.12アニメニュース【アニメ・マンガがアツい!練馬・中野・杉並・豊島を楽しむ!】 中野×杉並アニメフェス2017開催!
2017.09.29アニメニュース練馬アニメカーニバル 追加情報!「タツノコプロ 55周年祭」にて、『 タイムボカン 逆襲の三悪人』第3話の先行上映が決定しました!
2017.09.26アニメニュース片渕須直監督が登壇! 東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)2018クリエイターズサロン レポート
2017.09.25アニメニュース「第20回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」東京オペラシティタワーで開催中!
2017.09.23アニメニュース練馬アニメカーニバル2017 《タツノコプロ55周年祭》詳細決定!『この世界の片隅に』追加ゲスト発表など、情報更新しました!

アニメニュース 特集記事一覧

ページトップへ