トップ > イベント > 練馬アニメカーニバル > 練馬アニメカーニバル2015 > コンテンツ一覧 > 放送40周年 『ガンバの冒険』

イベント

練馬アニメカーニバル2015

放送40周年 『ガンバの冒険』


©斎藤惇夫/岩波書店・TMS

今年放送40周年を迎える『ガンバの冒険』は、斎藤惇夫の児童文学作品『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』をTVアニメ化し、現在も根強い人気を保つ作品です(制作:トムス・エンタテインメント/放送当時東京ムービー)。日本のアニメ史上に巨大な足跡を残した出﨑統監督の最高傑作のひとつです。出﨑監督は練馬区内にある虫プロダクションでアニメーションの世界でのキャリアをスタートさせました。
傑作エピソード3本の上映と、『ガンバの冒険』が残したものを探るトークを実施いたします。
※上映素材はブルーレイです。

ステージ

時間

10月17日(土)12:30~14:30

会場

練馬文化センター小ホール

ゲスト

野沢雅子:声優
主人公ガンバ役。青二プロダクション所属。声優という職業の草創期から活躍し、少年主人公を数多く手掛けて来た。代表作に『ドラゴンボール』シリーズ(悟空、悟飯、悟天)、『銀河鉄道999』(星野鉄郎)、『ど根性ガエル』(ひろし)など。10月公開の3DCG アニメ『GAMBA ガンバと仲間たち』においてツブリ役で出演。

原口正宏:アニメ史研究家
ライター、編集者、アニメーション史研究家。リスト製作委員会代表。「データ原口」の名でも知られる、アニメーションのデータ収集における第一人者。著書に「TV アニメ25年史」、「アニメージュポケットデータ2000」などがある。
上映作品

©斎藤惇夫/岩波書店・TMS

第2話「ガンバ、船で大暴れ」
(ディレクター:さきまくら シナリオ:馬嶋満)
仲間と旅立つガンバ。ガンバは初めて海を見る――。ガンバが海を臨むシーンは、屈指の名シーンとなっている。
※さきまくらは出﨑統監督のペンネーム

©斎藤惇夫/岩波書店・TMS

第24話「白い悪魔のささやき」
(ディレクター:吉田茂承 シナリオ:吉川惣司)
ノロイの言葉に、ネズミたちの心は揺れ、集団に亀裂が入ってしまう。子供向けとは思えない容赦のないエピソード。この厳しさこそ『ガンバ』だ。

©斎藤惇夫/岩波書店・TMS

第26話「最後の戦い大うずまき」
(ディレクター:さきまくら シナリオ:大和屋竺)
大渦が消えた海を泳いで渡るネズミ達。ガンバ達はノロイとの最終決戦に挑む。感動のシリーズ最終回。

当日券について
当日券は、当日朝9時より、運営本部・インフォメーションテント(つつじ公園内)にて配布します。
おひとり様2枚まで。

※近隣にお住まいの方のご迷惑となりますので徹夜、早朝のお並びはご遠慮ください。
事前チケットのお申込み受付は終了いたしました。
多数のご応募ありがとうございました。
厳選なる抽選の上、当選者への発表はハガキによる発送をもって替えさせていただきます。落選した方にはメールをお送りいたします。

ページトップへ