トップ > イベント > 練馬アニメカーニバル > 練馬アニメカーニバル2014 > 練馬アニメカーニバル2014 レポート

イベント

練馬アニメカーニバル2014

練馬アニメカーニバル2014 レポート

澄んだ秋空のもと、毎年恒例のアニメイベント「練馬アニメカーニバル2014」が10月18・19日の2日間にわたり、練馬駅北口周辺で盛大に開催されました! 練馬文化センターの大小のホールを中心に、練馬区立区民・産業プラザ「Coconeri」や平成つつじ公園で、アニメに関するさまざまな催しが開かれ、多くのお客さんでにぎわいました。

練馬アニメカーニバル2014 ダイジェスト映像

Pick Up!サイボーグ009 誕生50年祭に、本物の”レジェンド”が集結!

練馬文化センターの大ホールでは18日、石ノ森章太郎先生の代表作のひとつである「サイボーグ009」の原作マンガ連載開始50周年を記念したイベント、その名もずばり「サイボーグ009誕生50年祭」が催されました!

まず、66年公開の映画「サイボーグ009」と67年公開の映画「サイボーグ009 怪獣戦争」の予告編、そして68年にNET系列で放送されたモノクロ版シリーズの最終回「平和の戦士は死なず」と79~80年にテレビ朝日系列で放送されたシリーズの第1話「よみがえった神々」を一挙上映。


  • 森功至さん

  • 鈴木弘子さん

  • 野田圭一さん

  • 杉山佳寿子さん

これらが終わると、ホールの中央で映像をご覧になっていたゲストの方々がいよいよ舞台上に登壇! まずは68年版で009=島村ジョーを演じた森功至さん(当時は田中雪弥名義)、同シリーズで003=フランソワーズを演じた鈴木弘子さん、同シリーズの008=ピュンマと79年版で002=ジェット・リンクを演じた野田圭一さん、そして79年版で003を演じた杉山佳寿子さんの4名。
ステージでは、みなさんで当時の思い出話などに花を咲かせたのですが、当時のアフレコはマイクが2本しかなく、今よりも緊張感と集中力が必要だった、という話などは、当時の現場の空気が感じられて特に印象的でした。「サイボーグ009」という作品に関しては、あの時代にこれほどの完成度の作品ができたことに驚き、そんな作品に参加できたことは光栄だった、というのがみなさんに共通した意見でした。
楽しいレジェンドたちのトークのあとは、上映を再開。80年公開の映画「サイボーグ009 超銀河伝説」の予告編、01~02年にテレビ東京系列で放送された「サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER」の48話「地上(ここ)より永遠(とわ)に」、そして最後に12年公開の映画「009 RE:CYBORG」の予告編を上映してイベントは締めとなりました。
50年にわたる名作の歴史を追いつつ、レジェンド声優たちのざっくばらんなトークが楽しめた、ファン大満足の充実したイベントでした。

また、Coconeri 3階展示室①では68年版と01年版のキャラクター設定画の大型パネル、68年版オープニングの画コンテ、RE:CYBORGのキャラクター設定画やクライマックスシーンの画コンテなど、貴重な資料や映像を18・19日の終日展示。熱心に見入るファンの姿が印象的でした。


  • 入口を入ると1968年版キャラがズラリ

  • 展示室奥から見ると2001年版キャラに

Pick Up!最先端3DCGとセルアニメ感覚の融合!「楽園追放-Expelled from Paradise-」ステージ!

本年11月15日から公開される劇場用アニメ「楽園追放-Expelled from Paradise-」の公開目前ステージは、特別予告編の上映からスタート。
続いてあのアムロ・レイ役などで有名な声優・古谷徹さんが登場!同作品の監督を務めた水島精二さんも参加し、ガチ・トークイベントを繰り広げました。

  • 古谷徹さん

  • 水島精二監督

古谷さんは同作品にアロンゾという謎の男の役で参加していて、その関係で今回の登壇となりました。古谷さんは「自分はヒーロー役にこだわっているので、普段なら断っていた役だった」といいます。今回は水島監督と、音響監督の三間さんという信頼の置ける方々の誘いだからこそ仕事を受けた、といきなり作品参加にまつわる秘話を披露してくれました。そして本編をゼロ号試写でいち早くごらんになった古谷さんは「セルアニメのテイストも残した、斬新なデザインのめちゃくちゃかっこいい作品。最後はホロっとした」という感想を話し、水島監督は「監督冥利につきる」と感激していました。

そして、作品のプロモーション映像の上映、再びトークと続き、最後は古谷さんと水島監督のサイン入りポスターをかけたじゃんけん大会で盛り上がり、イベントは幕となりました。

Pick Up!練馬が舞台!期待の新作「四月は君の嘘」充実のプログラム!

大型パネルで動きのある原画を拡大して展示!

Coconeri 3階展示室②では、練馬を舞台にした新作アニメ「四月は君の嘘」の資料を両日にわたり展示。メインキャラである宮園かをりの演奏シーンなどの一連の動きの原画を並べた大型パネルや画コンテなどの他、舞台になった練馬区各所を案内するロケーションマップが並び、更に撮影もOKという制作側のサービスに、たくさんのファンで賑わいましたが、これは序の口でした。

19日は朝から晩まで「四月は君の嘘」!人気声優が間近に見られるプレゼントステージも!

19日17時30分からの放送開始記念ステージは、先行発売の前売りチケットが一瞬でソールドアウトした注目イベント。当日券の100席を求めて、当日朝9時30分からの抽選販売に大行列ができました!この日はCoconeri3階アニメマルシェで物販も行われ、そこで配られる整理券で平成つつじ公園でのプレゼント抽選にも参加できるとあって、こちらも大盛況。
14時45分からのプレゼントステージには、有馬公生役の花江夏樹さん、宮園かをり役の種田梨沙さん、澤部椿役の佐倉綾音さん、渡亮太役の逢坂良太さんのメインキャスト4人が登場! いまをときめく人気声優たちとあって、歩道橋にまで人だかりが!作品にも登場する公園でのトークはとても軽妙で、笑いが絶えないステージでした。最後に、作品にまつわるカスタネットとピアニカ等の各種作品グッズが用意され、抽選でプレゼントされました。

満席御礼!ステージは中学生の吹奏楽演奏からスタート! 声優と監督らによるトークにヴァイオリニストの生演奏。興奮の3時間!

そしていよいよクライマックスの放送開始記念ステージ開始!チケット番号順の入場が行われた熱気あふれる満席の会場で、最初に花江さんと種田さんが登壇してご挨拶。引き続いて開進第二中学校の吹奏楽部のみなさんによる「きらきら星変奏曲」などを披露。3曲目にはこの作品の音楽担当である横山克さんが指揮者として登壇し、舞台に華を添えました。終了後は吹奏楽部員ふたりを舞台上に招待し、花江さんと種田さんが質問攻め。さわやかな中学生たちの受け答えに、観客のみなさんもとっても和んでいました!

続いては、すでに放送された同アニメの第2話と、特別先行上映となる第3話の2本が上映されました。ちなみに第2話では、開進第二中が演奏していた「きらきら星」が登場していたのでした。それにしてもひたすらクオリティの高い作画レベルにびっくり! 3話は劇的な動きもあって、かをり役の種田さんの熱演も光る重要な回になっていました。

上映後に休憩を挟んで第2部がスタート。ステージに花江さん、種田さん、佐倉さん、逢坂さんのメインキャスト4名に加え、いつもテンションの高い同作品の監督・イシグロキョウヘイさんと横山さんが登場。ほかでは絶対に聞けないトークを繰り広げました。キャストの4人のみなさんは、ラジオなどでも共演することが多く、とても息の合ったやり取りが印象的でした。

続いては第2話で、かをりが繰り広げたヴァイオリン演奏のシーンについて。この場面はイシグロ監督入魂のシーンで、すさまじく躍動感のある動きが印象的だったのですが、このシーンは本物のヴァイオリニストの動きを参考にしていたとのこと。
そしてそのモデルとなったヴァイオリニストの篠原悠那さんが実際に舞台に登場! 劇中と同じく、ピアノの伴奏とともにベートーヴェンとサン=サーンスの曲を披露しました。音響設備の整った本物のステージで、本物の演奏家が繰り広げる演奏に、観客のみなさんも酔いしれていました。

再びキャストのみなさんとイシグロ監督、横山さんが登場してトークを再開。最後に「君嘘」応援隊長でもあるマングースくん(「のだめカンタービレ」のキャラクター)も登場し、登壇者全員でサプライズの楽器演奏。第2話で話題になった「きらきら星」を全員がやりきり拍手喝采!3時間以上にわたるイベントもこれにて終了となりました。

練馬文化センター 小ホールのプログラム

「あにむす!」出張版が練馬で実現!歌とトーク満載の充実の1時間!(18日)

18日最後のイベントとなったのは、同小ホールで開催された「あにむす! 出張ステージin練馬」。「あにむす!」はテレビ東京系で放送されているアニメ情報番組で、「アニメ勝手に応援プロジェクト」から生まれたガールズユニット、「A応P」が番組内でナビゲーターを務めています。今回は番組の出張版という位置づけで、A応Pの6人が登場。歌とトークで盛り上げました!
最初はA応Pの歌う「SMILE ON YOU」でご挨拶。続いて現在大人気放映中のアニメ「「牙狼<GARO>-炎の刻印-」でアルフォンソを演じる野村勝人さん、同作のEDテーマ「CHIASTOLITE」を歌う佐咲紗花さんがゲストとして登場。A応Pの面々と質疑応答をメインとしたトークを繰り広げました。
続いては佐咲さんのライブステージ。「Break your world」、「ワールドエンド」、「CHIASTOLITE」の3曲を披露しました。特に3曲目では、会場のみなさんと新たな合いの手を練習! 一緒に歌って盛り上がりました。
最後に、再びA応Pが登場して「Over The Future」、「悠長戦隊ダラレンジャー」、「COSMIC MAGIC STARS」の3曲を披露しました。そして最後は、ゲストのサイン入り「牙狼<GARO>-炎の刻印-」ポスターをかけた抽選会を実施! ゲストの野村さんは、数少ない女性のお客さんを2回連続で引き当てるという奇跡を起こして盛り上げ、イベントの最後に華を添えました。

みんなの元気をチャージ!ハピネスチャージプリキュアショー!(19日)

19日11時からと13時からの2回にわたり、「ハピネスチャージプリキュア!」ショーが開催されました! この2公演とPrizmmy☆のイベントの整理券が朝9時から配布されたのですが、朝の早い時間にもかかわらず配布待ちの大行列ができていました。プリキュアとプリパラの人気はほんとにすごいですね♪  公演は、小さい女の子を中心とした親子連れで超満員! 舞台上に悪の手先・オレスキー、続いてキュアラブリー、キュアプリンセス、キュアハニー、そしてキュアフォーチュンが登場すると会場の歓声はヒートアップ! 敵にサイアークのひとりも加わって、ダンスによるプリキュアたちの白熱のバトルが展開!会場のみんなの歓声によってプリキュアたちはパワーアップし、オレスキーたちを撃退したのでした。

ガールズダンスユニットPrizmmy☆の迫力のライブステージ!(19日)

12時からは、TVアニメ「プリパラ」のEDテーマも担当するガールズユニットPrizmmy☆のライブステージが開催されました! 会場には子どもから大人まで幅広いファンがたくさん来訪。一緒に大声援をステージに送りました。そして、彼女たちの元気いっぱいでキレのいいダンスは圧巻の一言。最後の曲となった代表曲「パンピナッ!」では、会場のみなさんにも振付を覚えてもらい、歌にあわせてみんなで踊りました。

熱くて熱いアニソンに酔え!グランプリホルダー2人が登場!(19日)

19日14時45分からは、J:COM×アニマックスpresentsの喜多修平さんと小林竜之さんのアニソンライブ! ふたりはアニマックスが開催しているアニメソング限定の公開オーディション「アニソングランプリ」の第1回の優勝者(喜多さん)と第7回の優勝者(小林さん)。小林さんは、オーディション当日は頭が真っ白になりながらも喜多さんの持ち歌を歌い、見事合格したのだとか。そのときに歌ったTVアニメ「緋色の欠片」第2期のエンディングテーマ「君だけを」を、この日はふたりで熱唱しました! さすがグランプリ獲得者だけあって美声と上手さは折り紙付き。ハモりもバッチリと決まって、素晴らしいステージングとなっていました。ふたりそれぞれの単独ステージでもヒット曲を披露し、会場もヒートアップしていました。

Coconeri会場

「Coconeri」で貴重なアニメの数々を上映! 展示や物販など多彩なイベントの舞台に!

Coconeri3階の区民・産業プラザでは、ホールやイベントスペース、研修室などを利用してさまざまな催しが開かれました。
ここではそのホールでのイベントからご紹介。
ホール内に設けられた上映室では、文化庁メディア芸術祭 短編受賞作品やアヌシー国際アニメ映画際 短編受賞作品の上映のほか、日本大学芸術学部の学生作品を、学校関係者によるガイドトーク付きで上映。
19日は11時30分から、ぬくもりのあるコマ撮りアニメの傑作を次々と世に送り出している合田経郎監督とともに、監督の作品である「こまねこ」や「ぼくはくま」、そして東日本大震災の復興プロジェクトの一環として制作された「By Your Side」を鑑賞。監督から直接コマ撮りアニメのつくり方やみどころなどを聞ける、というとてもぜいたくな時間になりました。

19日13時からは、アヌシー国際アニメ映画際 短編受賞作品を、片渕須直監督の解説を聞きながら鑑賞。そして16時からは、引き続き片渕監督にご登板いただき、監督がかつて脚本を担当し、宮崎駿監督が絵コンテと演出を担当した「名探偵ホームズ」第10話「ドーバー海峡の大空中戦!」を鑑賞しました。その後、片渕監督と聞き手のアニメ評論家・氷川竜介さんも登場し、名作中の名作であるホームズについていろいろ話をうかがいました。さらに片渕監督の最新作である「この世界の片隅に」から、イベント直前まで監督自身が編集していたという貴重な映像を特別に上映!この作品は、戦前から終戦に至る昭和8~20年の広島・呉を舞台にした物語で、片渕監督の徹底した時代考証ぶりに圧倒されっぱなしでした。作品の完成時期はまだ未定ですが、期待して待ちたいですね!
そして17時30分からは再び片渕監督とともに、今度は文化庁メディア芸術祭 短編受賞作品を解説付きで鑑賞しました。
ホールでは上映の他に、「サイボーグ009」「四月は君の嘘」の資料展示が行われました。
イベントスペースにはアニメマルシェを設け、アニメ関連商品の販売やトレーディングカードゲーム「バディファイト」の遊び方教室、新作アニメのPV上映が行われ、両日とも大勢のお客さんでにぎわいました。

アニメにまつわる体験教室が大盛況!絵を動かす楽しさを体験!

研修室では、練馬区内で活躍するアニメーターやアニメ技術講師をお招きして、原画クリンナップのほか、「アニメ産業と教育の連携事業」において学校で実施されているパラパラアニメ体験授業を開催。第一線で活躍する先生たちのテクニックにびっくりしながら、参加者は夢中になって絵を動かしていました。
さらに19日には、ゾートロープ体験教室も2回にわたって開催。ゾートロープとは、横長の厚紙に連続した絵を貼りつけて回し、それを覗き窓から見ると、残像によってアニメーションになる、というもの。ちびっこたちはもちろん、お父さんやお母さんも子どものころに帰って一緒に楽しんでいる姿が印象的でした。
そしてもうひとつ、この日は日本工学院専門学校の講師による「声優へのルート講座」も開催されました。「声優になるためには?」というテーマで、普段は聞くことのできない貴重な業界の話に、受講者は真剣な顔で耳を傾けながら、メモを取っていました。

平成つつじ公園会場

《ALL THAT JAZZ》のアニソンジャズで気分高揚!(18日)

練馬文化センターとCocneriをつなぐ、オープンスペースの平成つつじ公園では、ステージを用意して音楽イベントなどが開催されました!
18日は「ジブリジャズ」で話題になった人気ユニットによる、アニソンを軽快なジャズにアレンジした楽曲の演奏会でスタート!12時30分と15時30分の2回にわたって実施され、多くのお客さんがおなじみのアニソンのジャズアレンジを楽しみました。

中学生によるアニソン・アンサンブル!素晴らしい演奏に大きな拍手!(19日)

19日14時15分からは、開進第二中学校の吹奏楽部のみなさんが登場!「四月は君の嘘」のイベントに先立ち、アンサンブルを披露してくれました。曲目は「名探偵コナン」のメインテーマなどおなじみの曲ばかり。本当に一生懸命で、心が洗われるような演奏を聞かせてくれました。最後に演奏した「天空の城ラピュタ」劇中の名曲「ハトと少年」は、新作アニメ「四月は君の嘘」の劇中でも使われており、この後のイベントの為に集まっていたファンからも、大きな拍手が送られていました。

心地いい秋空のもとで大解放!オープンステージとフードスクエア

オープニングセレモニーには、練馬区公式アニメキャラクターであるねり丸や、西武鉄道のキャラクターであるレイルくんとスマイルちゃん、さらにケーブルテレビJ:COMのキャラクターであるざっくぅも登場し、会場を盛り上げました。
両日ともに行われた「ねり丸クイズ」では、ねり丸の出題するアニメクイズに、ちびっこたちが元気よく応える姿が印象的でした。
19日は、練馬文化センターで開催されるプリキュアショーに先立ち、10時からプリキュアたちがお客さんをお出迎え!プリキュアたちとふれあったり写真を撮ったりで大賑わい。午後にはPrizmmy☆のメンバーと記念撮影のできるCD販売も行われました。

これらの催しが行われたステージの近くではフードスクエアが展開。地元の練馬駅周辺10商店会さんが用意した出店が並び、おいしそうな香りが流れていました。

両日ともに天候に恵まれ、たくさんのアニメファンや親子連れなどでにぎわいました。
トラブルもなく無事に2日間を終えることができたのは、ご協力いただいた方々と、ご来場いただいた皆様のおかげです。
ありがとうございました。

ページトップへ