トップ > 練馬アニメトピックス > 石神井公園ふるさと文化館分室で「松本零士展」開催中!

練馬アニメトピックス

石神井公園ふるさと文化館分室で「松本零士展」開催中!

2014年05月30日

石神井公園ふるさと文化館分室が、2014年4月、石神井公園の三宝寺池北側の日銀グラウンド跡地「石神井松の風文化公園管理棟」内にオープンしました。練馬区ゆかりの文化人に関する展示室では常設展のほか、期間限定の企画展が年に数回開催されることになり、その最初を飾る企画が練馬区名誉区民・松本零士先生を紹介する「松本零士展」です。

目玉は何と言っても松本先生所有のコレクションの数々!
展示されているマルチプレーンの撮影台は、松本先生お手製の品。幼少期より抱いていた、漫画のアニメーション化の夢を叶えようと、松本先生が20歳頃に自身で組み立て、墨汁で黒く塗った第1号機です。しかしいざアニメ作りを始めると膨大なお金がかかる大仕事だと気がつき唖然としたとか。長年の思いは、後のSFアニメ制作へと注がれることになりました。

先生の創作の原点となったコレクションに出会える貴重な企画展は9月28日(日)まで絶賛開催中です!どうぞお見逃しなく!
(月曜休館・月曜が祝休日の場合はその直後の祝休日でない日)

詳しくは石神井公園ふるさと文化館ホームページをご覧ください。

ページトップへ