トップ > 練馬アニメトピックス > 『ハーモニーという世界 ~アニメが名画になる瞬間~』を語る が杉並区の「阿佐ヶ谷Loft A」で開催されました。

練馬アニメトピックス

『ハーモニーという世界 ~アニメが名画になる瞬間~』を語る が杉並区の「阿佐ヶ谷Loft A」で開催されました。

2015年12月02日

日本のアニメーション史上に巨大な足跡を残した故・出﨑統監督。その出﨑監督が得意とする演出技法「ハーモニー」を題材とした画集『ハーモニーという世界 ~アニメが名画になる瞬間~』が発売され、その出版記念イベントが11月14日、杉並区の「阿佐ヶ谷Loft A」で開催されました。

 

練馬区にある「虫プロダクション」でアニメーションの仕事に就いた出﨑統は、その後独立監督スタジオの「マッドハウス」に拠点を移し、「東京ムービー」が製作した『ガンバの冒険』『宝島』『あしたのジョー2』『エースをねらえ!』などの作品で、見る者に強烈なインパクトを残しました。その出﨑統監督の演出方法の特徴的な一つが「ハーモニー」と呼ばれる技法です。

 

「ハーモニー」とは、セルには線画だけで色を塗らず、背景美術のほうでキャラクターなどの線画の中の部分も描き込み、線画のセルを重ねて撮影する技法のことです(下記補足説明も参照)。こうすることでセル用のベタ塗りではない、大胆かつ繊細なタッチをつけることができ、1枚の画として迫力ある画面を作ることができます。出﨑統監督は、作品の要所要所で「ハーモニー」による「止め画」を使い、強烈なアクセントをつけることを得意としていました。

 

イベント当日のゲストは、出﨑統監督のもと作品の中で「ハーモニー」に関わった、もはやアニメ界ではレジェンドの方々。『宝島』『あしたのジョー2』などで原画を担当したアニメーター・大橋学さん、『エースをねらえ!』『ガンバの冒険』などで作画監督を担当したアニメーター・椛島義夫さん、そして『ガンバの冒険』『あしたのジョー2』などで美術監督を務めた小林七郎さんが登場。またナビゲーターとしてアニメ・特撮研究家の氷川竜介さんも登壇しました。

 

まず、ゲストのみなさんの挨拶があり、それぞれ出﨑統監督とともに作品が創れたことに感謝の意を表しました。氷川竜介さんも「どの作品からも深い感銘を受けました。出﨑さんの作品は観客に挑戦してくるような作品でした」と語りました。

 

イベントは2部構成となり、第1部では『ガンバの冒険』と『宝島』をテーマにトークを展開。椛島さんは、作品の準備段階で主人公のネズミたちのキャラクターデザインを出﨑監督と椛島さんが持ち寄り打合せをしながら1体1体決めて行ったと言う秘話を披露。小林さんは『ガンバの冒険』のエンディングに使われた画や、第2話のガンバが海を見るシーンで背景画を動かすことになったことを話題にされました。『宝島』では大橋さんがオープニング、エンディングの原画を一人で手掛けており、そこに登場する主人公ジムは、作品中のキャラクター設定ではなく、出﨑監督のラフスケッチをもとに描かれたことを話されました。

 

第2部では、『あしたのジョー』ファンサイトを運営する、ジョーマニア第一人者の野口征恒氏を追加ゲストに迎え、『あしたのジョー2』について語りました。第1話ラストシーンの「ハーモニー」で描かれたジョーの顔についての話題や、第12話はなんと「ハーモニー」の画面を動かしていることも紹介されました。

あっという間に2時間半が過ぎ、ゲストのみなさんの熱いコメントで締めくくられました。

 

小林七郎さん

「(アニメに関わる人たちへ)魅力を追及していってほしい。未知への挑戦こそがクリエイトの本質です。人間技の魅力を追及してほしい。そこにリアリティが生まれます。アニメはそうあってほしいと願っています。」

 

椛島義夫さん

「今も仕事ができているのは『ガンバの冒険』に参加したから。キャラクター創りに関して、それまで《フォルム》から入っていたが、出﨑さんに《印象》から入れ、と教えてもらった。

それが自分のターニングポイントになりました。」

 

大橋学さん

「出﨑さんは、試練を与えてくれた人。自分が受け、求められたものに応えようと力を傾け、自分でこれでよし、と思える瞬間が来たら、それがわかる人だった。私はそういう「チャレンジする関係性」のことを「ハーモニー」と呼びたい」

「ハーモニー」という技法を通して、偉大なアニメーション監督であった出﨑統監督と、出﨑監督が作品に込めた思いを確認する濃密な2時間半でした。

 

 

《ハーモニー補足解説》

「ハーモニーという世界 ~アニメが名画になる瞬間~」

出版社 ぴあ

出﨑統監督が手掛け、アニメ史上に燦然と輝く傑作たち―『ガンバの冒険』『宝島』『あしたのジョー2』『エースをねらえ!』『家なき子』。その作品中で非常に印象的に使われた「止め画」を一挙に掲載した画集です。アニメーターの線と美術スタッフの画の融合をじっくり楽しむことができます。

練馬アニメトピックス メニュー一覧

ページトップへ