トップ > アニメニュース > こうの史代「この世界の片隅に」原画展 タワーレコード渋谷8階で開催中!

アニメニュース

こうの史代「この世界の片隅に」原画展 タワーレコード渋谷8階で開催中!

2017年05月15日

昨年11月の公開から、現在もロングラン上映が続く、大ヒットアニメーション映画『この世界の片隅に』。

こうの史代先生が描いた原作マンガ「この世界の片隅に」(双葉社)の直筆原画130点を中心とした貴重な制作資料を紹介する展覧会が、渋谷区のタワーレコード渋谷店8Fでスタートしました。

「この世界の片隅に」は、戦中の広島・呉を舞台にした物語。主人公・すずが広島市から呉へ嫁ぎ、新しい家族、新しい街、新しい世界に戸惑いながらも、一日一日を確かに健気に生きていく様が描かれています。

2007年から2009年まで漫画アクション誌に連載され、現在は単行本(上・中・下巻)が販売中。

2009年には「第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞」を受賞するなど、評価の高い作品です。

片渕須直監督によるアニメーション映画の公開後、マンガ「この世界の片隅に」の原画をこの規模で展示するのは初めて。単行本用の表紙や扉絵などのカラーイラストも並びます。

展示のすべてが生原画ということで、こうの先生の繊細で美麗なペン遣いを間近で見ることができます。

アタリやパースをつけるための青鉛筆でひかれた線もそのまま残っています。

 

また、こうの先生の工夫を凝らした原画も紹介。大半の原稿はGペンで描かれていますが、主人公・すずさんの心理描写を演出するために鉛筆を使用していたり、口紅で絵を描くカットでは、実際に口紅を使って描かれています。物語の後半ではクライマックスの展開を反映させる意図もあって、背景を左手で描いており、こうの先生の発想の豊かさに驚かされます。

単行本未収録のイラストや、映画公開後に漫画アクション誌に掲載された「呉紀行」の原稿も公開。「呉紀行」は1コマづつノートに描かれていることが分かります。

 

会場内には撮影スポットを設置。来場の記念を残すことができます。

物販コーナーには、展覧会記念グッズが並びます。

現在は、大きな缶バッジとポストカードを販売中。5月19日以降からは図録やクリアファイルセット、缶バッジセット、トートバックなどが追加される予定です。

また、原画を忠実に再現した直筆サイン入りアートグラフ(高画質デジタル複製画)の販売も行われています。

※詳しくは、展覧会公式ページをご覧ください。

こうの史代「この世界の片隅に」原画展は、タワーレコード渋谷店8F SpaceHACHIKAIで5月30日(火)まで開催中です。

 

©こうの史代/双葉社

 

 

※こうの史代先生には、2015年の練馬アニメカーニバル「『この世界の片隅に』公開まであと1年!記念トークイベント」にご出演いただきました。片渕須直監督とのトークの模様は、こちらからご覧いただけます。

練馬アニメカーニバル2015 レポート

入場特典描き下ろしポストカード

こうの史代「この世界の片隅に」原画展

日程/5月30日(火)まで

会場/タワーレコード渋谷店8F SpaceHACHIKAI

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-22-14

開催時間/11:00〜21:00(最終入場20:30)

※最終日のみ18:00まで(最終入場17:30)

入場料/800円(税込) ※未就学児は無料

※入場特典:描き下ろしポストカード

詳細は、展覧会公式サイトをご確認ください


こうの史代「この世界の片隅に」原画展 公式サイト
  • この記事をシェアしてね!

  • 練馬アニメーションサイトをフォロー!

ピックアップ!

練馬にいた!アニメの巨人たち

第5回 出﨑 統さん(アニメーション監督)その1
最新記事
2017.09.23アニメニュース練馬アニメカーニバル2017 《タツノコプロ55周年祭》詳細決定!『この世界の片隅に』追加ゲスト発表など、情報更新しました!
2017.09.21アニメニュース映画『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』公開!初日舞台挨拶レポート
2017.09.12アニメニュース《練馬アニメカーニバル2017》 参加コンテンツ続々決定!
2017.09.11アニメニュース練馬区のアニメ聖地巡礼ツアー&トークショーが開催されます。
2017.09.11アニメニュース【景観まちづくり講座】 「アニメと語る、ストーリーとなる ねりまの風景」が開催されます。

アニメニュース トピックス記事一覧

ページトップへ