トップ > 練馬アニメトピックス > 池袋サンシャインシティで『刀剣乱舞 本丸博』開催中!

練馬アニメトピックス

池袋サンシャインシティで『刀剣乱舞 本丸博』開催中!

2017年01月06日


©2015-2017 DMM GAMESNitroplus

『刀剣乱舞 本丸博』が豊島区の池袋サンシャインシティで開催中です。

『刀剣乱舞』は、DMMゲームズとニトロプラスが共同製作した、名刀を擬人化した「刀剣男士」を収集・強化し戦う育成シミュレーションPCブラウザゲームです。サービス開始から半月で登録者数が50万人を超えるなど大きな話題となり大ヒット。その後、ミュージカルや舞台、アニメ化もされました。今回のイベントは、ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」が二周年を迎えるのを機に開催されるもので、メディアミックス展開された『刀剣乱舞』のすべてを網羅できる博覧会となっています。

会場は、一.〈歓迎の間〉、二.〈金襖の間〉、三.〈廊下〉、四.〈三日月宗近の間〉、五.〈演戯の間〉、六. 〈アニメの間〉、七.〈グッズの間〉、八.〈祝画の間〉の8つの部屋に分かれており、それぞれのテーマに合わせた展示内容になっています。

〈歓迎の間〉では、3つのスクリーンを使い、約2分間の博覧会限定の映像が流れます。

続く〈金襖の間〉は広大な広間になっており、四方を埋め尽くす金襖には、春夏秋冬をテーマとした背景をバックに、61振りの「刀剣男士」がズラリと並びます。この迫力は圧巻です。

〈廊下〉を抜けた先は、〈三日月宗近の間〉。本展のメインビジュアルにもなっている「刀剣男士」のモチーフにもなった太刀、三日月宗近(みかづきむねちか)のレプリカが展示されています。

〈演戯の間〉には、ミュージカル版で実際に使用された衣裳の展示をはじめ、ミュージカル、舞台の内容やキャストをパネルで紹介しています。

〈アニメの間〉では、昨年12月に放送が終了した「刀剣乱舞-花丸-」と、今年7月から放送予定の「活撃 刀剣乱舞」を紹介しています。

「刀剣乱舞-花丸-」は、練馬区にあるアニメスタジオ・動画工房がアニメーション制作を担当。こちらからは、オープニングの絵コンテ、キャラ設定、美術設定、レイアウトなどの制作資料(すべて複製)が展示されています。会場に設置されたTVモニターでは、オープニング映像が流れており、絵コンテと対比することもできます。

「活撃 刀剣乱舞」のコーナーでは先ごろ公開された特報映像や、それに合わせた原画(複製)などが展示されています。

〈グッズの間〉には、これまでに販売された商品やコラボグッズなどが勢ぞろい。

最後の〈祝画の間〉では、「刀剣乱舞-ONLINE-」参加イラストレーターによる描き下ろしイラスト40点以上が公開されています。

物販会場も設けられており、『刀剣乱舞 本丸博』オリジナルグッズの販売も行われています。このほか、サンシャインシテイに散らばった61振りの「刀剣男士」を探すラリーや、SKY CIRCUS サンシャイン60展望台と「刀剣乱舞-ONLINE-」のデフォルメシリーズ「ぽてだん!」のコラボも同時開催中です。

『刀剣乱舞 本丸博』は、池袋サンシャインシティで1月15日(日)まで開催中です。

©2015-2017 DMM GAMESNitroplus

『刀剣乱舞 本丸博』

開催期間/1月15日(日)

開催時間/10:00~19:00 ※物販会場は20:00閉場

会場/池袋サンシャインシティ 文化会館4F 展示ホール

入場券/前売り1,800円(税込) 

    当日券2,000円(税込)

    ※全日入場日時指定制。

     前売券が完売した日時については当日券は販売しない予定です。


『刀剣乱舞 本丸博』公式サイト

練馬アニメトピックス メニュー一覧

ページトップへ