トップ > アニメニュース > 松屋銀座で「あしたのジョー+エースをねらえ!+アタックNo.1+巨人の星=スポコン展!」が開催中です

アニメニュース

松屋銀座で「あしたのジョー+エースをねらえ!+アタックNo.1+巨人の星=スポコン展!」が開催中です

2015年08月28日

『あしたのジョー』『エースをねらえ!』『アタックNo.1』『巨人の星』。「スポ根」アニメとして国民的な人気を誇るこの4作品の名場面を紹介し、その制作資料や原画などを一挙公開する「あしたのジョー+エースをねらえ!+アタックNo.1+巨人の星=スポコン展!」が、中央区の松屋銀座8階イベントスクエアで開催中です。

本展は、トムス・エンタテインメントのアニメ制作50周年を記念したもので、同社の前身である東京ムービー制作による4作品を、アニメと原作漫画を通じて紹介するもの。初公開となるセル画や絵コンテ、貴重な漫画原稿や原作者描き下ろしイラストなど500点以上を展示。会場内に設置された多数のTVモニターやスクリーンでは名シーンの数々も上映され、大ブームとなったスポコンの世界を体験できます。


©浦野千賀子・TMS

会場は、作品ごとにコーナーが作られています。 最初の『アタックNo.1』コーナーでは、セル画や漫画原稿、設定資料など約100点を展示。 見どころでもあった鬼コーチによる猛特訓シーンの数々も映像とセル画で紹介されています。


©梶原一騎・川崎のぼる/講談社・TMS

『巨人の星』コーナーには、アニメ第1話の制作に使われた、貴重な絵コンテをはじめ、大リーグボール養成ギプスで特訓した幼少期、漫画原稿を中心に集めた号泣シーン、「魔球」大リーグボール1号から3号までの名シーンなどを紹介する約250点が並びます。


©山本鈴美香/集英社・TMS

『エースをねらえ!』コーナーでは、漫画原稿やセル画を中心とした約70を展示。練馬区にある虫プロ出身で、透過光や画面分割などの特徴的な演出で知られる出﨑統監督による名シーンの数々を大スクリーンを使って紹介しています


©高森朝雄・ちばてつや/講談社・TMS

最後は『あしたのジョー』コーナー。こちらでは、原作者・高森朝雄(梶原一騎氏の別名義)先生による直筆原作原稿が特別公開されています。練馬区在住の漫画家・ちばてつや先生によるマンガ原稿や描き下ろしイラストの他、設定資料やセル画など約140点を展示。出﨑統監督による演出手法の一つであるハーモニー(質感の異なる素材を調和させる技法)で使われる止め画も必見です。力石徹やハリマオ、ホセ・メンドーサらとの激闘シーンの数々は、漫画原稿と共に10台のモニターを使った映像で紹介されています。

古谷徹さんと高坂真琴さん

公開初日の26日には、『巨人の星』主人公・星飛雄馬を演じた古谷徹さん、『エースをねらえ!』主人公・岡ひろみ役の高坂真琴さん、『あしたのジョー』原作漫画のちばてつや先生が来場されました。 古谷さんは「『巨人の星』の絵コンテが、1コマ1コマしっかり描かれていて驚きました。原作漫画が大好きで毎週読んでいたので飛雄馬役に決まった時はとても嬉しかったですが、同時にすごいプレッシャーも感じました。飛雄馬が滝のような涙を流すシーンをアフレコしている時に自分も本気で泣いてしまい、涙で台本が読めなくなってしまったことを思い出します。『巨人の星』を通じて、たくさんの勉強をさせてもらいました。人生を教えてくれるアニメです」とコメント。 続いて高坂さんが、「とてもスケールの大きい展示会ですね。『エースをねらえ!』は、私にとっては3本目のアニメで、まだ右も左もわからなくて気持ちを作るのが大変で、とにかく一生懸命でした。試合のシーンではマイクから外れてしまうくらい体が動いちゃったり、大絶叫するシーンでは、めまいがするほど叫んでしまったりしていました。声優として成長させていただいた、宝物のような作品です」と語ってくれました。

ちばてつや先生

ちば先生は「作られた時期も掲載された雑誌も違う4作品が、こうして集まったのはスゴイですね。展示から熱気が伝わってきます。『あしたのジョー』の展示では、梶原さんの鉛筆の太い字で書かれた原稿が懐かしかったです。週刊連載はキツかったけど、編集さんやアニメの制作者さんも、当時は命がけで作っていましたから。展示されている原画や線画を見ていると、青春だったなとウルっときました。この展示を見て、当時のファンには青春を取り戻してもらえるんじゃないでしょうか。若い人にとっては「歴史」かもしれないけど、ぜひ見てもらいたいですね」と話されていました。

会場に併設されたショップでは、展示会オリジナルグッズや先行グッズなど300点を販売するほか、松屋銀座フロア内では名場面パネルコーナーや、なりきり写真パネルを設置。さらに、競技を問わず全身スポーツユニフォームで来場すると入場無料となるサービスも実施しています。 「あしたのジョー+エースをねらえ!+アタックNo.1+巨人の星=スポコン展!」は9月7日(月)まで開催中です。

あしたのジョー+エースをねらえ!+アタックNo.1+巨人の星=スポコン展!

会期/9月7日(月)まで 時間/10:00~20:00(最終日17時閉場)入場は閉場の30分前まで 場所/松屋銀座8階イベントスクエア    東京都中央区銀座3-6-1 電話:03-3567-121 料金/一般1,000円 高大生700円 中学生500円 小学生300円
公式サイト
  • この記事をシェアしてね!

  • 練馬アニメーションサイトをフォロー!

ピックアップ!

練馬にいた!アニメの巨人たち

第5回 出﨑 統さん(アニメーション監督)その1
最新記事
2017.11.07アニメニュース【アニメ・マンガがアツい!練馬・中野・杉並・豊島を楽しむ!】中野×杉並アニメフェス2017 杉並会場レポート
2017.10.20アニメニュース10月22日は「アニメの日」! 「日本のアニメ100 周年」を記念して、 日本初のカラー長編アニメーション『白蛇伝』公開日にちなみ、正式登録されました
2017.10.12アニメニュース【アニメ・マンガがアツい!練馬・中野・杉並・豊島を楽しむ!】 中野×杉並アニメフェス2017開催!
2017.09.29アニメニュース練馬アニメカーニバル 追加情報!「タツノコプロ 55周年祭」にて、『 タイムボカン 逆襲の三悪人』第3話の先行上映が決定しました!
2017.09.26アニメニュース片渕須直監督が登壇! 東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)2018クリエイターズサロン レポート

アニメニュース トピックス記事一覧

ページトップへ