トップ > アニメニュース > 「メカニックデザイナー 大河原邦男展」上野の森美術館で開催中!

アニメニュース

「メカニックデザイナー 大河原邦男展」上野の森美術館で開催中!

2015年08月13日

1972年に「科学忍者隊ガッチャマン」でデビューし、「タイムボカンシリーズ」「機動戦士ガンダム」「装甲騎兵ボトムズ」など、誰もが憧れ、夢中になったアニメに登場する数々のメカデザインを手がけ、アニメにおける「メカニックデザイナー」という職業を世に確立した大河原邦男(おおかわら くにお)さん。現在も第一線で活躍しながら、工業メーカーや地方自治体との仕事を手がけるなど、活動の幅を広げています。 そんな大河原さんの40年以上にわたる活動の歴史を、これまでに手掛けたイラストや設定資料、描き下ろし作品など約500点を展示し、詳細に紹介する「メカニックデザイナー 大河原邦男展」が、台東区の上野の森美術館で開催中です。

大河原邦男さん

本展は、大河原さんが日本初のメカニックデザイナーとしてデビューした1972~1977年、フリーとなりロボットものを多く手がけるようになった1978~1989年、バリエーション豊かなヒーローメカを生み出していく1990~2000年、アニメーションというジャンルを超えて活躍するようになった2001~2015年の4章に分けた展示が行われています。

また、新たに発見され本展が初出となる、映画『ドラえもん のび太の宇宙開拓史』に登場するゲストメカのデザイン原図や、デザインが正式決定に至るまでに描かれた多数のラフ画なども展示されており、大河原さんの仕事をより深く知ることができる展示になっています。

第1章では、デビュー作となった『科学忍者隊ガッチャマン』をはじめとするタツノコプロ作品を中心とした初期のデザインの数々を紹介。『ゴワッパー5ゴーダム』や『タイムボカンシリーズ ヤッターマン』のほか、タカラ(現・タカラトミー)が展開していたSF玩具「ミクロマン」シリーズで、大河原さんがデザインを手がけたおもちゃも展示されています。

第2章は、ロボットものを中心とした作品のコーナー。フリーになって初めて手掛けた『無敵鋼人ダイターン3』から、大ブームとなった『機動戦士ガンダム』、根強いファンを持つ『太陽の牙ダグラム』、『装甲騎兵ボトムズ』『銀河漂流バイファム』など80年代を代表するリアルロボットアニメが並びます。こちらにはアニメの設定画だけでなく、映画のポスターやアニメ誌のイラスト、レコードジャケットなども多数展示。イラストレーターとしての大河原さんの作品を見る事が出来ます。

第3章には、サンライズ制作の「勇者シリーズ」や「ガンダムシリーズ」など、バリエーションに富んだヒーローメカが数多く並びます。『機動戦士ガンダムF91』のコーナーには、大河原さんの提案したデザインの他にも、ガンダムに関わって来た安彦良和さんによる提案デザインや、富野由悠季監督の修正指示が入ったイラスト等も展示されています。

第4章では、21世紀に入り「新世紀のファースト・ガンダム」をスローガンに制作された『機動戦士ガンダムSEED』シリーズや、リメイクされた『ヤッターマン』、近作では『ガンダム ビルドファイターズ』シリーズ等のデザインやイラストが並びます。中でも目を引くのは諸事情で製作が中止になったTVアニメーション企画『鉄の惑星 ランディフォース』の為に描かれたデザインの数々。『装甲騎兵ボトムズ』のスタッフが再集結したこの企画に興味を持たれる方も多いのでは?このほかにも、更に活動の幅を広げた大河原さんの手がけたコラボレーションデザインなども多数展示してあります。

大河原さんのアトリエを再現したコーナーでは、普段使っているポスターカラーやコピック等の画材や道具が展示され、イラストが完成するまでの工程を映像で解説しています。

公式グッズの1つ「ヤクトダグラム」

本展では、音声ガイドの貸出(有料)もあり、ナビゲーターは『機動戦士ガンダムSEED』のキラ・ヤマト役や『銀河漂流バイファム13』でロディ・シャッフル役を務めた保志総一郎さんと、『ガンダムビルドファイターズ』の主人公イオリ・セイを演じた小松未可子さんが担当しています。一部の作品では、大河原さんもスペシャルガイドとして登場。作品との関わりや、デザインに対する考えなど、貴重なお話を聞くことが出来ます。

オフィシャルショップも併設され、様々な公式グッズが並んでいました。

大河原邦男「メカニックデザイナー 大河原邦男展」描き下ろし作品 2015年
©サンライズ ©創通・サンライズ ©タツノコプロ・読売テレビ2008

開催記念特別イベントとして、トークショーやサイン会も決定しています。(詳細は後述の公式サイトを参照) 現在、六本木ヒルズで開催中の「機動戦士ガンダム展」とのコラボもあり夏休みの楽しいイベントとなっています。

メカニックデザイナー 大河原邦男展は、上野の森美術館で9月27日(日)まで開催中です。

メカニックデザイナー 大河原邦男展

・会場:上野の森美術館 (台東区上野公園1-2)

・会期:9月27日(日)まで ※会期中無休

・開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)

・入場料:一般1500円、高大生1200円、小中生500円

・アクセス:JR上野駅 公園口より徒歩3分

       京成電鉄上野駅より徒歩5分

       東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅より徒歩5分


メカニックデザイナー 大河原邦男展 公式サイト
  • この記事をシェアしてね!

  • 練馬アニメーションサイトをフォロー!

ピックアップ!

練馬にいた!アニメの巨人たち

第5回 出﨑 統さん(アニメーション監督)その1
最新記事
2017.08.14アニメニュース「夏休みキッズアニメワークショップ」が開催されました
2017.08.10アニメニュース片渕須直監督によるスペシャルトークも! 東京アニメアワードフェスティバル2018プレイベント「TAAF2018クリエイターズサロン@WACCA池袋」開催!
2017.08.10アニメニュース【アニメ・マンガがアツい!練馬・中野・杉並・豊島を楽しむ!】 手塚治虫文化賞 受賞作品パネル展 自由学園明日館で13日(日)より開催!
2017.08.09アニメニュース練馬区独立70周年記念式典で、ちばてつや先生が名誉区民として顕彰されました
2017.08.01アニメニュース本日公開! 練馬アニメーションサイト、リニューアル第2弾! 

アニメニュース トピックス記事一覧

ページトップへ