トップ > アニメニュース > 「宮川彬良presents『宇宙戦艦ヤマト2199』コンサート2015」が千葉県舞浜で開催されました

アニメニュース

「宮川彬良presents『宇宙戦艦ヤマト2199』コンサート2015」が千葉県舞浜で開催されました

2015年03月11日


(c)西﨑義展/2014 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

昨年、新作『星巡る箱舟』の劇場公開も話題を呼んだ「宇宙戦艦ヤマト2199」のコンサートが2月28日、3月1日の両日、千葉県の「舞浜アンフィシアター」で開催されました。

 

「宇宙戦艦ヤマト」は1974(昭和49)年10月から放送されたTVアニメ。練馬区在住の漫画家・松本零士さんも監督として参加。キャラクター原案やメカニック原案も手掛けられました。意外なことに初放送当時は同じ時間に放送されていた「アルプスの少女ハイジ」などの影響もあってか視聴率が伸びず、当初計画より短い半年(26話)で放送が打ち切られました。

 

 

しかし、再放送を重ねる中で人気が高まり、1977(昭和52)年、TVシリーズの再編集をベースとした劇場版が公開されると、社会現象を巻き起こす空前の大ヒットに。ここから、過去のアニメ作品の発掘と新たな作品の制作を促進することになり、「アニメブーム」が社会現象となりました。現在に至るアニメの一般化は、この時から始まったと言えます。

 

その後も幾度となくTVシリーズや劇場版作品を発表してきた「宇宙戦艦ヤマト」ですが、2012年に「宇宙戦艦ヤマト2199」が発表されました。「宇宙戦艦ヤマト2199」は、これまで制作された「宇宙戦艦ヤマト」の世界を俯瞰したうえで、1974年の最初の「宇宙戦艦ヤマト」を再構築。最先端のアニメ表現と緻密な物語で往年のファンを唸らせたばかりでなく、新たなファンを取り込み大きな反響を呼びました。

 

「宇宙戦艦ヤマト」シリーズを語る上で欠かすことが出来ないのが音楽です。作曲家・宮川泰さんが生み出した名曲の数々は、シリーズ各作品にも継承され、重要なシーンに使用されました。「宇宙戦艦ヤマト2199」では、宮川泰さんのご子息・宮川彬良さんが、亡父の名曲をアレンジ。現代的なサウンドとして蘇らせるとともに新曲も制作。作品世界に厚みと広がりをもたらしました。


(c)西﨑義展/2014 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

「宇宙戦艦ヤマト2199コンサート2015」は、作品の音楽を担当した宮川彬良さん自身が指揮棒を振り、作中音楽(劇伴)録音を行ったスタジオミュージシャンたち60名が結集して開催されました。

 

今回のコンサートの楽曲構成は、ヤマトの航海を音楽で追体験してもらうという趣向。第1部では昨年夏に公開されたTVシリーズの総集編的映画『追憶の航海』から、第2部では昨年12月公開の完全新作映画『星巡る方舟』から楽曲がセレクトされました。

 

第1部。弦と管楽器による落ち着いた曲調の「銀河航路BG」からスタート。2曲目は、美しいスキャットで知られるYuccaさんが登場する「無限に広がる大宇宙」。そして「夕日に眠るヤマト」「地球を飛び立つヤマト」と続きます。まさにヤマトの航海が始まるシーンを再現。中盤では、作中の大決戦を中心にした「コスモタイガー(Wan・Dah・Bah)」「ヤマト前進」「ヤマト渦中へ」が演奏され、会場は盛り上がっていきました。ラストにはデスラー、スターシャの心情を描く「孤高のデスラー」「虚空の邂逅」が演奏され、ヤマトは無事イスカンダルに到着、第1部は幕を閉じました。


(c)西﨑義展/2014 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

第2部は、第一バイオリンのソロが美しい「宇宙戦艦ヤマト2199 メインテーマ」でスタート。その後、「ジレルの囁き」では橋本一子さんが登場。独特の歌声が観客を魅了します。終盤は、「大決戦-ヤマト・ガミラス・ガトランティス-」「方舟は星の海へと還る」「わかれ」「わかれ-出航-」が続けて演奏されました。これは『星巡る方舟』の終盤で使用された曲順と同じ!そして、混声合唱団にYuccaさんと橋本一子さんが加わった「Great Harmony ~for yamato2199」の最後。組み込まれた「大志」のフレーズに合わせスクリーンに映された地球。その色が青く変わるのを見て、胸だけでなく目頭を熱くした方も少なくはなかったでしょう。


(c)西﨑義展/2014 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

アンコールは、宮川彬良さんのトークからスタート。父・泰さんへの思いのこもった熱い語りが会場を埋めるファンの胸に響きます。そして演奏。「真っ赤なスカーフ」「銀河航路」「宇宙戦艦ヤマト」(主題歌)と続く構成を、宮川さんの誘導で会場中が熱唱!楽曲の録音を行った「ホンモノ」のミュージシャンたちの演奏で、Yuccaさんのスキャットをバックに橋本一子さんと共に歌う「宇宙戦艦ヤマト」!胸を熱くする演出にファン大満足のコンサートでした。

 

 

 

 

 

*当日のステージの様子は、高音質のBlu-ray AudioとCDで発売予定です。

 

詳しくは下記URLをご覧ください。


宇宙戦艦ヤマト/日本コロムビア
  • この記事をシェアしてね!

  • 練馬アニメーションサイトをフォロー!

ピックアップ!

練馬にいた!アニメの巨人たち

第5回 出﨑 統さん(アニメーション監督)その1
最新記事
2017.08.14アニメニュース「夏休みキッズアニメワークショップ」が開催されました
2017.08.10アニメニュース片渕須直監督によるスペシャルトークも! 東京アニメアワードフェスティバル2018プレイベント「TAAF2018クリエイターズサロン@WACCA池袋」開催!
2017.08.10アニメニュース【アニメ・マンガがアツい!練馬・中野・杉並・豊島を楽しむ!】 手塚治虫文化賞 受賞作品パネル展 自由学園明日館で13日(日)より開催!
2017.08.09アニメニュース練馬区独立70周年記念式典で、ちばてつや先生が名誉区民として顕彰されました
2017.08.01アニメニュース本日公開! 練馬アニメーションサイト、リニューアル第2弾! 

アニメニュース トピックス記事一覧

ページトップへ