トップ > 新着情報 > 「練馬にいたアニメの巨人たち」第7回を公開しました!

新着情報

「練馬にいたアニメの巨人たち」第7回を公開しました!

2017年03月24日

練馬区ゆかりのアニメクリエイターと、その作品の魅力を探る練馬アニメーションサイト企画「練馬にいたアニメの巨人たち」第7回を公開しました!
アニメ研究家の氷川竜介さんとアニメ史研究家の原口正宏さんが、そのクリエイターの魅力についてたっぷり語ります。

第5回 からは、日本アニメ界に偉大な足跡を残した、アニメーション監督の出﨑統さんを取り上げています。
出﨑統監督は1963年に練馬区富士見台の虫プロダクションでキャリアをスタート。1970年のTVシリーズ「あしたのジョー」で初監督をつとめます。 《出﨑演出》とよばれる個性的な演出手法を生み出した事でも知られ、数多くのアニメ関係者に影響を与えました。 2011年に67歳で亡くなるまでに「エースをねらえ!」、「ガンバの冒険」、「家なき子」、「宝島」、「ブラック・ジャック」など、テレビ、映画、OVAなど30タイトル以上を監督した、まさに日本アニメ界の【レジェンド】といえる存在です。

 

 

ページトップへ