トップ > イベント > アニメプロジェクトin大泉 > アニメプロジェクトin大泉 2010〜2013開催報告

イベント

アニメプロジェクトin大泉 2010〜2013開催報告

2013年開催報告

晴天に恵まれた平成25年5月19日(日)、練馬区大泉学園駅北口周辺の4会場で「アニメプロジェクトin大泉2013」が開催されました。各会場を巡回する無料バスも運行され、アニメに彩られた大泉のまちが多くの人で賑わいました。

大泉小学校会場

恒例のプリキュアショーが開催され、多くの観覧希望者が訪れて開門前から行列ができました。その後プリキュアショーは各会場を巡回し、たくさんの人が詰めかけ大盛況でした。
松本零士先生画業60周年記念トークショーでは、多くの聴衆が詰め掛けました。「自宅から手塚先生の原稿が新たに見つかった」などの秘話や松本先生の練馬区に対する想いなどが語られました。
その他にも、トリコによる地元グルメの紹介や、ねり丸のお絵描き教室、宇宙海賊キャプテンハーロックの上映など、盛りだくさんのステージが展開されました。
セル画彩色体験教室も大好評で、多くの親子がセル画を体験しました。
出展ブースでは西武鉄道の銀河鉄道999デザインのペーパークラフトの配付や、ねり丸グッズの販売なども行われました。

妙延寺境内会場(大泉ゆめーてる商店街)

恒例となった愛甲ミカさんのライブをはじめ、アニソン演奏会や、有名コスプレーヤーによるトークショーが繰り広げられるなど、バラエティ豊かなステージが展開されました。
その他にもクイズコーナーや飲食ブースが設けられ盛り上がりを見せていました。

大泉風致地区公園会場(大泉学園町商店会)

大泉桜学園吹奏楽部の演奏会が開催され、アニメソングの演奏で会場を盛り上げたほか、ねり丸のお絵描き教室や商店会による出店の出展など、多くの人で賑わいました。
また、新しい試みとして現在のアニメの主流であるアニメデジタル彩色体験コーナーが設置され、参加者は今までにない体験を楽しんでいました。

東映アニメーションギャラリー会場

パラパラアニメ教室が開催され、プロによる講義や指導に参加者も熱心に聞き入っていました。
また、ギャラリーで開催中の「東映アニメのテレビアニメ50年」展には様々な世代の人が訪れ、思い出のアニメ作品を懐かしんでいました。

2012年開催報告

東京都練馬区大泉学園駅周辺、4会場で平成24年3月4日「アニメプロジェクトin大泉2012」が開催されました。
大泉小学校ではオープニングセレモニー(開会式)、福島県会津若松市の物産バザール、セル画彩色教室、アニメッセージボード、キャンドルセレモニーなど様々なイベントが開催されました。セル画彩色教室では、100名以上が参加し、多くの子供達ががんばってねり丸に着色をしていました。参加費の500円は全て日本赤十字社を通じ、被災地に送られます。
体育館では、開会式や第4回練馬アニメクリエイターズアワードの最優秀賞受賞「かぞくすいっち」のアニメ作品完成披露上映が行われました。その後に開催されたスイートプリキュア♪キャラクターショーやアニメの上映会では立ち見が出るほどで、大きな賑わいを見せました。開会式などにはねり丸も参加し、式を盛り上げさらにねり丸アニメ第3話「修行編」の初上映も行われました。

各会場へはマイクロバスで移動できるようになっており、多くの参加者が利用しました。
妙延寺では「大泉ゆめてーる商店街」がウォーキングアクトやライブなどを開催しました。その他にもクイズコーナーや飲食ブースが設けられ盛り上がりを見せていました。
東映アニメーションギャラリーでは、多くの親子連れが記念写真を撮影していました。
大泉風致地区公園では「大泉学園町商店会」が「アニメの街、大泉アニめし!」と題し、アニメにちなんだ飲食物を販売し好評を博していました。その他にも「プリキュアの世界で遊ぼう!」コーナーでは多くの遊具が設置され子供達に大人気でした。 

夕方過ぎには、「伝説のアニメの秘宝を探せ!【宝の地図】」で出題された問題を、各会場などを回り回答を得た子供がゴールである大泉小学校を訪れ、参加賞などを手に入れ喜びの声を上げていました。白紙で始まった被災地に向けての「メッセージボード」も多くのメッセージで埋まりました。
午後4時30分過ぎに大泉小学校会場にて、多くの参加者が見守る中、被災地の復興を願い「ねり丸キャンドルセレモニー」が行われイベントの幕を閉じました。

2011年

平成23年3月13日に開催が予定されていた「アニメプロジェクトin大泉2011」は、東北地方太平洋沖地震の甚大な被害を踏まえ中止となりました。

2010年開催報告

東京都練馬区大泉学園駅周辺、4会場で平成22年3月7日、第3回目となる「アニメプロジェクトin大泉」が開催されました。
あいにくの天候でしたが、多くのお客様が詰めかけました。
メイン会場の大泉小学校ではオープニングセレモニーが開催され、練馬区長や松本零士さんらが挨拶を行いました。
メイン会場の大泉小学校では体育館で開催されたオープニングセレモニーの他にも、練馬区内の企業などが校庭にテントで出展をしました。

スタンプラリーが開催され、大泉小学校、東映アニメ、大泉風致地区公園、東和銀行の4会場のうち3会場のスタンプを集めてポストカードと交換できました。
大勢のお客様がスタンプラリーに参加しました。
ポストカードとの交換所も大泉小学校校庭に設置されました。
テントでは大泉ゆめーてる商店街による軽食の販売から、郵便局によるオリジナルフレーム切手「松本零士 銀河鉄道999」の特別販売も行われました。

大泉小学校の1室では、パラパラアニメ制作体験教室が3回開かれ各回とも盛況でした。
練馬アニメーション協議会会員でもあるメビウストーンの、遊佐かずしげさんの指導でパラパラマンガを親子共々制作しました。 鉛筆と紙で楽しめる娯楽の発見に、参加者はみんな真剣な眼差しで取り組みました。

無料のマイクロバスが3会場の間で運行され参加者は他の会場へも快適に移動ができました。
東映アニメ会場では、Yes!プリキュア5GoGo!のキャラクターグリーティングが大人気で、長蛇の列ができていました。

大泉風致地区公園会場では大泉学園町商店会による軽食の販売、練馬区によるパネル展示やアニメアカデミーが開催されました。子供たちは元気いっぱい思い思いの絵を描いていました。

その他にも銀河鉄道999の上映会などがあり、1日では回りきれないボリュームのイベントでした。

ページトップへ