トップ > アニメをもっと楽しもう > 練馬ほっと・キャスト > 第7回 声優 緒方賢一さん その1

アニメをもっと楽しもう

「アニメ・イチバンのまち 練馬区」ゆかりの方々にアニメと練馬の魅力をインタビュー!練馬ほっと・キャスト

練馬とアニメの関係を、クリエイターや関係者のトークで紹介するインターネットラジオ番組「練馬ほっとキャスト」。
このコーナーでは、練馬にゆかりのあるアニメ関係者などにインタビューし、ご本人の生の声で、作品や練馬の魅力を語っていただきます。

番組の音楽はピアニストの野上朝生さん、番組進行は練馬アニメーションサイト編集の山本・岩澤が担当いたします。

第7回 声優 緒方賢一さん その1

第7回のゲストは、声優の緒方賢一さんです。
「ゲッターロボ」のバット将軍をはじめとする悪役から「魔法陣グルグル」のキタキタ親父を代表とするユニークなキャラクターなど、数多くの役を演じていらっしゃいます。現在放送中の「はなかっぱ」や「名探偵コナン」などにも出演されています。また、「がんばれ!!ロボコン」ではアフレコのため、大泉の東映撮影所に通われていました。
今回は声優デビューのお話、東映動画や東映撮影所での思い出について伺います。

再生ボタンを押して再生してください。

緒方賢一 おがた けんいち

1942(昭和17)年3月29日福岡県生まれ。ぷろだくしょんバオバブ所属。役者を目指して上京し、児童劇団や新劇などの舞台に出演。その後青二プロダクションに所属し、70年代は様々な東映動画(現・東映アニメーション)作品で活躍した。1979年にぷろだくしょんバオバブに移籍。劇団すごろくの初代座長として演劇活動も行う。声優・俳優活動の他に、声優学校の講師として後進の育成にも努めている。 代表的な出演作品として、「ゲッターロボ」(バット将軍)、「一休さん」(桔梗屋)、「宇宙戦艦ヤマト」(アナライザー)、「魔法陣グルグル」(キタキタおやじ)、「名探偵コナン」(阿笠博士)、「はじめてのこくご ことばあ!」(おがちゃん)、「はなかっぱ」(はす次郎)などがある。

登場する作品名・人物名の解説

■ サミュエル・ベケット
劇作家、小説家。不条理演劇を代表する作家のひとり。1969年にノーベル賞を受賞。代表作に戯曲「ゴドーを待ちながら」や小説「モロイ」など。
■ フランツ・カフカ
20世紀を代表する作家。死後、フランスのシュルレアリストたちに代表作に「変身」「審判」など。
■ 座付き
俳優や劇作家が一座(劇団)の専属になっていること。また、その人のこと。
■ 「マジンガーZ」
永井豪原作・東映動画制作のTVアニメ。1972(昭和47)年12月~1974(昭和49)年9月、全92話制作。
■ 青二プロ
日本を代表する老舗の声優事務所。
■ 大竹宏(おおたけ ひろし)
日本の声優・俳優。アニメ「パーマン」のパーマン2号や「キテレツ大百科」の初代ブタゴリラなどを演じる。
■ 石丸博也(いしまる ひろや)
日本の俳優・声優。「マジンガーZ」の主人公を務める。ジャッキー・チェンの専属吹替えなど。
■ 「あしたのジョー」
ちばてつや原作のテレビアニメ。制作は虫プロダクション。1970(昭和45)年4月~1971(昭和46)年9月に放送、全79話制作。
■ 「強妻天国」
原始時代の家族を描いた、アメリカのホームコメディアニメ。原題は「The Flintstones」。日本では「恐妻天国」の名でフジテレビにて放映された。その後「原始家族フリントストーン」と改題された。
■ 「グレートマジンガー」
1974(昭和49)年9月~1975(昭和50)年9月全52話放送、東映動画製作のテレビアニメ。「マジンガーZ」の続編で「マジンガー」シリーズの2作目にあたる。緒方氏は悪役・暗黒大将軍を演じた。
■ 「ゲッターロボ」
1974(昭和49)年4月~1975(昭和50)年5月放送のテレビアニメ。東映動画製作。全51話。本作で緒方氏は悪役・バット将軍を演じている。
■ 「ゲッターロボG」
1975(昭和50)年5月~1976(昭和51)年3月放送のテレビアニメ。「ゲッターロボ」の続編で全39話放送。東映動画製作。冷酷、狡猾なヒドラー元帥を緒方氏が演じる。
■ 「一休さん」
1975(昭和50)年10月~1982(昭和57)年6月放送、東映動画制作のテレビアニメ。全296話。緒方氏は一休をいじめる桔梗屋を演じた。
■ 「少年徳川家康」
1975(昭和50)年4月~9月東映動画制作、全20話のテレビアニメ。山岡荘八の小説「徳川家康」を元に、少年時代の徳川家康(幼名・竹千代)を描いた作品。緒方氏の役は徳川家康に仕えた武将・酒井正親。
■ 「UFOロボ グレンダイザー」
1975(昭和50)年10月~1977(昭和52)年2月放送、全74話。東映動画製作のロボットアニメ。「マジンガーZ」「グレートマジンガー」に続くマジンガーシリーズ3作目。ブラッキー隊長を2話~27話まで緒方氏が演じた。1話は声優の富田耕生。
■ 「キャプテンフューチャー」
東映動画製作、NHK放送のSFアニメ。1978(昭和53)年11月~1979(昭和54)年放送、全52話。原作はエドモンド・ハミルトンのスペースオペラ。緒方氏の役は、「人造生命第一号」のロボット・グラッグ。
■ タバック
東映動画(現・東映アニメ)作品のアフレコが行われた、新宿の録音スタジオ。
■ 「魔女っ子メグちゃん」
1974(昭和49)年4月~1975(昭和50)年9月放送のテレビアニメ。全72話。魔女のメグが修行の為人間界で暮らす東映魔女っ子シリーズのひとつ。
■ 富田耕生(とみた こうせい)
声優、俳優、ナレーター。手塚治虫原作アニメのヒゲオヤジ、「平成天才バカボン」のバカボンパパ役など。
■ 「がんばれ!!ロボコン」
1974(昭和49)年10月~1977(昭和52)年3月放送の東映特撮番組。全113話放送された。 東映制作のロボットコメディもの。原作は石ノ森章太郎。緒方氏の役はロボドロ。本来は防犯ロボだが、手癖が悪い為「泥棒ロボット」と呼ばれるロボットを演じた。
■ キートン山田(きーとん やまだ)
俳優、声優。本名の山田俊司で活動していたが、1983年に改名。「一休さん」の足利義満役では緒方氏の桔梗屋と意気のあった悪役ぶりを披露した。「ちびまるこちゃん」のナレーションが有名。
■ ロビンちゃん
「がんばれ!!ロボコン」のヒロイン。バレリーナ星のお姫様という設定。
■ 島田歌穂(しまだ かほ)
女優・歌手。「がんばれ!!ロボコン」で女優デビュー後、数々の作品に出演。以後はミュージカル女優として「レ・ミゼラブル」「フレディー」などに主演。「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役では世界のベストメンバーに選ばれ、エリザベス女王御前コンサートで歌った。
■ 「はなかっぱ」
NHK Eテレで2010(平成22)年3月より放送中のテレビアニメ。主人公・はなかっぱの祖父・はす次郎を緒方氏が演じている。
■ 「魔法陣グルグル」
1994(平成6)年4月~1995(平成7)年9月、全45話のテレビアニメ。ギャグファンタジー作品の中で、緒方氏はキタキタ親父を演じ強烈なインパクトを残した。
■ 「幕末義人伝浪漫」
モンキー・パンチがキャラクター原案を手掛けたテレビアニメ。2013(平成25)年1月~3月まで放送、トムス・エンタテインメント制作。ちょっぴりスケベな平賀源内役を緒方氏が好演している。
■ 酒井雅楽頭家正親(さかいうたのかみけまさちか)
室町時代後期から戦国時代にかけて活躍した武将。松平清康・広忠・徳川家康に仕えた。
  • この記事をシェアしてね!

  • 練馬アニメーションサイトをフォロー!

ピックアップ!

練馬にいた!アニメの巨人たち

第5回 出﨑 統さん(アニメーション監督)その1
最新記事
2017.07.21アニメニュースアニメーションを用いた教育プロジェクト 『アニメイク・キッズサマージャンボリー2017』参加者募集中!
2017.06.29アニメニュース「転機はデビルマン。」《永井豪50EVE~永井豪50周年前夜祭~》トークイベントレポート
2017.06.26アニメニュース《永井豪 50EVE ~永井豪50周年前夜祭~》 タワレコード渋谷店8階で開催中!
2017.06.08アニメニュース 特集記事第21回手塚治虫文化賞表彰式が、浜離宮朝日ホールで開催されました
2017.06.07アニメニュース東映動画の傑作『どうぶつ宝島』を語りつくすトークイベント「このアニメはすごい!」レポート
ページトップへ